• 294月

    今日の1枚は、先日ゲットしたCanonの銀塩カメラ「FT QL」で
    撮った写真の中の1枚です。

    近所の神社の写真なんですが、古いカメラ&レンズとは思えないくらい
    シャープでコントラストの高い描写だと思います。
    この1枚だけでなく、他も似た感じですから、やはりCanonの写真の
    雰囲気というのは、この頃から既に確立されていたのかもしれません。

    あと、苦労して微調整した甲斐もあって、露出がとってもピッタリ
    きているのも、画質に影響しているのかも。

    同時に試し撮りしたNikomatのほうは、どうも露出オーバー気味で
    やはりそれが画質にも現れている気がしました。
    ネガとはいえ、適正露出はやっぱり重要なんですね。

    このFT QL、カメラの外観もとてもしっかりした感じで気に入ってるんですが、
    なにぶんプリズムの腐食だけがひどくて、それがちょっぴり残念です。

    プリズムをなんとかゲットするか、開放測光できるFTbあたりを狙って
    みるのも良いかも。
    まぁ、欲しいモノが落ち着いてきたら、ぼちぼち考えてみようかと思います。
    「落ち着くのか?」という問題は残りますが。(苦笑)

    関連エントリー:

    Filed under: DailyPhoto
    2006/04/29 12:04 am | 今日の1枚 – 参道をゆく – はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.