• 199月

    Kirmuss Audioの超音波レコードクリーナー「KA-RC-1」がナスペック取り扱いで9/20に発売だそうで。

    なにやら新しいレコードクリーナーが出るという噂は耳にしていましたが、多分コレだったのでしょう。
    お値段は185,000円だそうで、噂よりはちょっとお高めかな?
    海外でのお値段を調べてみると995英ポンドだったり875ドルなんて記載が見受けられますが、まぁ前者の15万円くらいが正しい価格でしょうか。
    国内専用バージョンにはなってるようなので、まぁそれくらいは仕方ないかな。

    私はClearaudioのバキュームクリーナーを使っているわけですが、超音波と派閥が結構分かれる印象です。
    どちらが良いというわけではなく、結局は使い勝手かなとは思います。
    このモデルの特徴は複数枚のレコードが同時に洗える点でしょう。
    標準セットの場合、12インチを2枚、9インチを1枚、7インチを1枚で合計4枚、いっぺんに洗浄することができます。
    そもそもバキュームクリーナーだとEP用のバキュームパイプは付属しないのが普通ですし、そういう意味でも画期的かも。
    オプションでLP3枚に変更する交換用ユニットも出す計画があるようです。

    逆に課題は乾燥させる仕組みが用意されていないところでしょう。
    超音波洗浄した後は不織布で拭くという、かなり原始的なことになってます。
    レーベルを保護する仕掛けも特にないように思われるのも気になるところです。
    なお、拭いている間は付属のArte製のスタンドに置く形だとか。

    バキュームクリーナーと違って専用のクリーニング液が不要なのも超音波の魅力ですけども、そのかわり6リットルの水が必要です。
    他の超音波洗浄器だと精製水を勧めていると思うのですが、これは「水道水でも問題ない」となってます。
    さらにより除去能力を上げたい場合はイソプロピルアルコールを30cc入れろ、という、なかなかアバウトな感じがすごいですね。
    それでも取れなかったら付属のスプレーと山羊毛のブラシで…という弱気な感じもちょっと不安になります。

    実際にはこれが素直な本音で、超音波とバキュームクリーナーにはそれぞれのメリットがありますし、やっぱりブラシや液、そして作業方法などの工夫やコツがあるんですよね。
    もちろんそれでも傷があればダメですし、万能なクリーニング方法はないわけです。
    それを加味して考えてもだいぶアバウトさはヒシヒシと伝わってきますが、選択肢が増えるのは良いことだと思います。

    Filed under: Audio
    2018/09/19 12:00 pm | No Comments
  • 189月

    iOS 12の提供が始まったので、様子見しながら手持ちのiOS機器を4台ほどアップデートしました。

    iPhone 6 Plus、iPhone 7、それにiPad 6th Generationですが、どれもiTunes経由で問題なく更新できました。
    動作は古いものほど軽快さが目立つ感じで、メモリ消費が減ったのでしょうか。
    ウチにはあと、iPhone 5sが対応機種でありますが、iPad miniの初代は未対応ですね。
    iPhoneだと5s以降、iPadはiPad Air以降、iPad miniは2以降、iPod touchは第6世代以降に対応するようです。

    アプリの互換性も気になっていましたが、今のところ、主だったアプリで動かなかったり不具合のあるものはないようです。
    カメラが最大で70%速く起動するようになったとのことですが、他のカメラアプリもその恩恵は受けているように感じます。
    キーボードも最大で50%速くなったそうですけど、それよりも途中で日本語変換が落ちてしまう不具合がなくなってくれていれば良いなと。
    あれも雰囲気的にメモリ不足で動かなくなってたように思っていますが。

    現状の目玉機能は「ミー文字」なるものみたいですが、これはiPhone X以降でないと使えないので、古い機種ではそれほど目新しさはありません。
    あえて面白そうなのは「計測」くらいで、カメラを使って近くの長さや四角の大きさなどを測れます。
    おそらくカメラのパララックス(視差)を使っているからか、遠くの大きいものは測れないようですけど、ちょっと出先でメジャー代わりにするくらいには使えそうです。
    あとはサーバ側の対応が必要だからか、秋以降の対応ですけども、FaceTimeも最大32人とのビデオや音声通話ができるようになるとのこと。
    私自身はWebRTCを推しているので、アプリに依存して高機能になっても面白くないのですけど、それはまぁ個人的な感情が入ってるだけのことですね。

    watchOSも5になってますが、こちらは初代Apple Watchが非対応と切り捨てが始まったようです。
    私のSeries 2はかろうじて対応していますが、遅くなりそうな予感が…。
    こちらも恐る恐るですが、今夜にでも試してみようと思います。

    Filed under: Smartphone
    2018/09/18 7:05 pm | No Comments
  • 189月

    FiiOのUSB DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ「Q1 Mark II」を導入してみました。

    理由はiPhoneで気軽に、かつそこそこの音質で聴ける環境を用意したいという一点です。
    新しいiPhoneにはLightning-3.5mmヘッドホンアダプタも付属しないようですし、かと言ってCHORD Mojoだとカメコネ経由ですからやや気軽さには欠けるかなと。
    紗羅にも同様の環境を用意しないと…というのがあって、CHORD Mojoを試してもらったところ、気に入ったようなので私が別のを探すことになった、というのもありますけどね。

    こちらはAppleのMFi認証もちゃんと取ってあるので、付属のmicroUSB-LightningケーブルのみでiPhoneとつなげます。
    完全に携帯用途を想定したものですから、もうちょっと長いものがあったほうが良いかなぁという気もします。
    断線した時の代わりが入手しやすいほうが良いですしね。
    ちなみに昔使っていたCypher Labs Algorhythm SoloだとiPhoneからバッテリーを吸い取ってしまって異常にバッテリーが減ってしまう事態に陥ってましたが、さすがにそこは工夫されていて、iPhoneをつないだ場合はQ1 Mark II側のバッテリーで賄う形になります。
    USB-DACとしてパソコンとつないだ場合はパソコン側から給電するようになるなど、なかなか良く考えられています。

    お値段はちょっとしたLightning対応リケーブルと変わらない程度ですが、DACはAK4452搭載で、アンプ部もX7 Mark IIのAM3Aアンプモジュールとほぼ同等と、中華系の価格破壊はさすがのものがあります。
    筐体の隅々を見るとやはりコストダウンの影は見えますが、ボリュームも電子ボリュームでギャングエラーやガリオームが出ない配慮がされていますし、iPhoneで使うには十分なスペックです。
    難点を挙げるとすれば、ヘッドホン端子がかなり固めなので、挿し込みづらいのと、ヘッドホン側のプラグのメッキが削れるのでは?というところくらいでしょうか。

    実際の音質ですが、さすがにMojoと同等には語れないものの、FiiOらしい実直な音を出してくれます。
    モニター調というよりはリスニング向きに中低域がやや厚めの「ポタアン使ってますよ」という雰囲気はややあるものの、付属のアダプタとは比較にならないほど広帯域ですし、しっかりゆったり聴ける仕上がりだと思います。

    充電用という意味もあると思いますが、パソコンと繋げるmicro-USBケーブルも付属していて、こちらでMacともつないでみましたが、音質的にはどうもこちらのほうがさらに良さが活きてくる印象はありました。
    まぁMacではAudirvana Plus、iPhoneはほとんどTwitterやYouTubeですから、音源やソフトそのものも違うわけですが、より鮮度の高さが引き出せているように感じました。
    DSD再生も試しましたが、こちらも安定していてiPhoneだけじゃなく、ノートパソコンにつないで使う用途にもお薦めできると思います。

    実はまだまだスゴい特徴はいろいろありまして、そのひとつが2.5mmバランス出力でしょう。
    あいにくウチには対応するケーブルやイヤフォンがないので試していませんが、この値段でそこまでやるのか!というのが率直な思いです。
    また、3.5mmのほうはUSBからデジタルで入れない場合はライン入力として使うこともでき、まさにポタアンにもなってくれます。
    こちらも試してみましたが、どちらかというとコストはDAC部分のほうに比重があるのかな、という印象は受けました。
    イヤフォンだとほぼ気になることはありませんが、ヘッドホンですと比較的鳴らしやすいB&W P7でもパワー不足な感が出始めます。
    公式の推奨インピーダンスは3.5mmのほうで16~100Ω、2.5mmのほうが16~150Ωだそうです。

    Gain切替も用意されていますが、IE80SだとHighのほうが良い感じです。
    Bass Boostもありますけど、こっちは軽く持ち上げる程度でやり過ぎ感はないですから、使い勝手は良いかと思われます。
    私自身はIE80Sにも調整機構があるので使っていませんけどね。

    全体的にはオーディオマニアというよりもっとライトユーザーに積極的に使ってもらって、良い音で音楽を楽しんでもらいたい機器かなと感じました。
    Bluetoothも流行ってきてますが、やっぱりケーブルでつないで聴く音にはまだまだ敵わない部分が多いように思います。
    せっかくの使い勝手も混雑しているところでは繋がりにくかったり、高音質のコーデックが使いにくかったりするでしょうし…。
    これまでヘッドホン端子があるiPhoneをお使いの方で機種変更を検討されている方にも「周辺機器」としてオススメできるかなと感じています。

    Filed under: Audio
    2018/09/18 12:00 pm | No Comments
  • 179月

    DAIKENの音調吸音板「WB03019」がお安く出ていたので、10枚ほどまとめてゲットしました。

    大きさはW450×H900xD49mmと、RWL-3のW665×H1160xD90mmからすると一回り小さいものです。
    RWL-3をスピーカー背後に3枚導入してコレ自体はもう確定的なポジションに追い込んでいますので、あとは部屋が狭いことから生じる余計な反射を吸収してもらおうという算段です。
    この製品、今はもう廃番にばっていますが、30年以上のロングセラーだったそうで、2011年にはホームシアターグランプリも受賞しています。

    性能面は未知数でしたが、トーンジェネレーターで吸音具合を測ってみると、どうも1kHz以下が主体なようです。
    低音は100Hzくらいまではなんとか吸音していますが、サイズを考えるとミュートパネルのほうが効果的かなぁというのが正直なところです。
    少なくとも1kHzより上の帯域ではミュートパネルのほうが優秀ですし、8kHzまで上がるともうほぼ効果なしという感じです。
    そこはシルクが8kHzでは吸音せず、9kHzあたりから上の帯域で効果的なことを考えれば、これと組み合わせればうまくバランスが取れるでしょう。

    ちなみにミュートパネルも8kHzより上では効果が薄れる印象ですが、その下も緩やかに比較的均等に効くので扱いやすいです。
    RWL-3は単純に吸音してデッドニングし過ぎて音楽の躍動感を損なうことがないように配慮されていて、シルクとの組み合わせも含め、さすがに良く考えられています。
    具体的には3kHzは拡散されつつ軽く吸音され、1kHzだと両端では吸音、真ん中辺りではほぼそのままとすることで定位を良好なものにしているようです。
    逆に100Hzは拡散主体、8kHzでは1kHzとは逆に真ん中辺りで吸音、端はあまり吸音しないことにより、音の広がりを生み出しています。

    それならRWL-3を追加すれば良いわけですけれども、そこは大きさとかもありますし、比較してみたかったというのもあります。
    とりわけディスプレイラックが部屋に比してデカすぎることから、この影響を抑えるのにちょうどよいだろうという理由がありました。
    目論見通り、ここはほぼぴったりサイズで影響を最小限にしてくれています。

    最初は調子に乗ってスピーカー横に置いてみたりもしたのですが、これは完全にデッドニングされ過ぎで、音の躍動感まで奪われてしまっています。
    ちょっと聴いた感じでは部屋の影響が消えるという意味合いでは良好なのですけどね。
    最終的には何度かPCM-D100で録音してみて客観的に聴くことで決めていきました。
    その結果からすると、リスニングポジション背後への配置がまずは部屋の広さを意識させなくする意味で効果的と判断しました。

    クローゼット部分にシルク裏も含めて3枚配置したことで「これまでこんなに背後から音が戻ってきてたんだ」と気づいたというところです。
    その代り、クローゼットの使い勝手が悪くなりましたけど…。
    他にもラック裏など試しましたが、こちらはかえって部屋の不均等さを強調する形で失敗でした。

    一旦はこの背後3枚、ディスプレイラック部分に1枚の合計4枚で確定させました。
    それでほぼ満足していたのですが、気休め程度に窓の部分に使ってみたところ、これが大きく変化してくれました。
    ちゃんと写真を撮っていませんが、スピーカー背後の窓に3枚、そして右側の窓に1枚(ミュートパネルも1枚)配置して、現段階の配置確定です。

    RWL-3の高さ不足を補うような傾向もあるでしょうし、多少出窓っぽくなっている部分に溜まる音を吸収してくれているのかもしれません。
    スピーカー周辺の狭さを補助する形にもなってくれているようで、部屋の狭さからくるマイナス面だけをうまく減らすことができたように思います。
    ちなみに1枚はリビングの液晶テレビ裏に配置しましたし、とにかく物量投入できる意味では使いやすいです。
    普通はこんなお値段では調達できないとは思いますが、今もDAIKENには建材としての調音材がいろいろあります。
    私も以前からスピーカー下にはオトユカフロアを使っていますし、うまく廉価に入手できれば試してみる価値はあるでしょう。

    Filed under: Audio
    2018/09/17 12:00 pm | No Comments
  • 169月

    お気に入りで使っているDAP「Pono Player」ですが、紗羅にも使ってもらおうとLimited Editionを調達したものの、これがタッチパネルの不調で、急遽代わりを探す形となりました。
    Pono Playerは純粋な音質はともかく、その音楽性の高さが気に入ってるので、これを超える候補はなかなか思いつかないというのが正直なところでした。
    その中で以前、レビューした「PLENUE M」や「PLENUE 1」ならまたちょっと違う方向性ながらも超えられそうということで、「PLENUE M」にしてみました。

    レビューしたのがたしか2015年ですから進化(?)の早いDAPでいまさら感はあると思いますが、まだ一応現行モデル(?)のようですし、しっかり試聴した経験があるもののほうが確実かなと。
    いずれにしてもブランドとしてはPLENUEなはもうほぼ決まりでしたね。
    国産勢でコレ!というのがあればいちばん良いのですけど…。

    メモリカードはPono Player Limited Editionの時点で調達してあったので、早速それを挿して聴いてみました。
    音は昔レビューした当時のまま(当たり前)で、クセのない素直なものです。
    ちなみに当時、東京出張時に音元出版さんに立ち寄ってホテルでレビューして、戻る前に返却したという思い出が蘇りました。

    データベース更新のスピードはさすがにPono Playerとは雲泥の差で、起動も早いですし、使い勝手も良好です。
    ファームウェアは1.31が最近出たので、こちらに更新しておきました。
    こういったサポートの手厚さもPLENUEの魅力のひとつかと思います。

    主にSENNHEISER IE80Sでの使用となりますが、昔のレビューと同様に素直な音色でありつつも、PLENUE 1よりはちょっとだけケレン味を持たせた音なのは再確認した形です。
    ただ当時は分からなかった帯域の広さはIE80Sや「RHC-2.5HS-S-TripleC-FM」でリケーブルしたHD600で驚かされました。

    単に広いだけでなく、ハイレゾのメリットもしっかり引き出してきますし、そういう意味ではPono PlayerよりずっとHi-Fiです。
    むしろHD-7AとLUXMAN P-1の据え置き環境に真っ向勝負を挑めるレベルです。
    この時期のDAPでそうなのですから、最新のPLENUEや他社の高級DAPでポータブルオーディオを楽しむ方が増えているのは分かる気がします。
    スピーカーから鳴らす音楽の魅力を広めたいと思う一方、実際の住環境などを考えれば、こちらの「世界」もアリだと改めて思い直しました。

    相変わらず発熱はそれなりにありますが、ケース(別売)に入れても特に問題になるほどではありません。
    Pono Playerもまた違った魅力はありますけど、PLENUE Mが私も普段使いに昇格して、Pono Playerは紗羅と二人で使う予定です。
    他のイヤホンとの組み合わせなどはまたボチボチとレビューしてみたいと思います。(最新機種でもないし、あまり需要はないでしょうけれど。)

    Filed under: Audio
    2018/09/16 12:00 pm | No Comments
  • 159月

    TADからクラスDながらもハイパワーなパワーアンプ「TAD-M1000」が9月下旬に発売だそうで。

    個人的に紹介したいなと思ったのは最近のアンプにしては高出力な500W+500W(4Ω)という部分です。
    クラスDで高効率とは言ってもやはりこれだけの定格出力を確保するには強大な電源が必要なわけで、スイッチング電源でなく大型のトロイダルトランスを積んだものとなっています。
    ちなみに消費電力は250Wとなっていますので、いくらD級とは言え、ちょっと見栄を張ってるかなぁという気はしますけど、重量29kgはなかなかの堂々たるものです。
    デザインも「TAD-D1000」などと揃えたということですが、背面などどことなく海外の高級アンプを思わせるような雰囲気で本気度が伺えるものです。

    そう感じるひとつの理由はシンメトリーなデザインでしょう。
    電源回路もL/R独立だそうで、いわゆるデュアルモノ構成なのですね。
    しかもバイアンプ機能もあって、そこまでやれば相当なド級感が出そうな雰囲気です。

    デザインなどは全く違うのですけど、なんとなく往年のExclusiveを思い出してしまいました。
    あのブランドはどうしてやめてしまったんでしょうかね?
    スパイク内蔵型インシュレーターによる3点支持など、方向性もまるで違うからでしょうが、順当な進化を遂げてくれていると良いなと思います。
    気になるお値段は135万円と決して安くはありませんけど、なんとなく国産ハイエンドの新しい道筋を歩み始めた機種のような印象がどことなく感じられました。

    スピーカーもフロア型の「TAD-E1TX-K」が同時発表されていますが、こちらは11月下旬の発売予定だとか。
    正直言ってTADのスピーカーはまだ良い印象で聴けたことがないので、そちらもアンプやデジタル機器と同等レベルに進化してると良いですね。
    私が現状求めている方向性とはやや違うものではありますけど、TADにはぜひ頑張ってもらいたいなという想いも込めて紹介してみました。

    Filed under: Audio
    2018/09/15 12:00 pm | No Comments