• 1012月

    1月号に付録が付いていたのが懐かしいStereo誌ですが、今年も別冊のムックで「朗音! 真空管アンプの愉悦」というのが12/19に発売されます。

    今年もLUXMAN謹製で、真空管ハイブリッドプリメインアンプ・キット「LXV-OT7」が付いてきます。
    というか、明らかにこっちが本体で誌面(24ページ)がオマケですね。
    またムックとはいえ、お値段は15,000円(税別)ですので、気軽にちょっとお試しというのは難しいかも。
    それだけに早めに予約しておかないと入手できない可能性もありますから、判断が難しいところです。
    ちなみにこれを書いている時点で、楽天ブックスはすでに予約不可となっているようです。

    なお、キットとは呼んでいますが、構成は以下の通りでそれを組み立てるだけです。

    ・真空管(12AU7)
    ・基板
    ・シャーシ
    ・ネジ
    ・ツマミ
    ・ワッシャー
    ・ACアダプター

    真空管ハーモナイザーキットは電源も内蔵でしたが、またACアダプタに逆戻りなのはちょっと残念ですね。
    電源はDC15V、付属ACアダプタは定格電流が0.43Aのものが付属するようです。
    内部の写真はなぜかでんき堂スクエアにありましたが、12AU7は1本で、パワー部はAB級のアナログ半導体によるものだそうです。
    定格出力は3W+3W/8Ω、5W+5W/4Ωだそうですが、パワー部の石に何を使ってるかまでは写真が小さくて分かりませんでした。

    良さそうなポイントとしては入力が2系統になっているので、お遊びではなくそのまま本来のプリメインアンプとして使い続けたいニーズには応えられそうです。
    スピーカー端子は相変わらず昔ながらのものなので、そこはできればYラグorバナナ対応のにしてほしかったかなぁ。

    以前も書いたとおり、長くオーディオをやっているわりには私自身は一度も真空管を使ったオーディオ機器を所有したことがありません。
    そういう意味では一度くらいは試してみたいかなぁとは思うものの、プリメインアンプだと出番が…。
    来年あたりは同じコンセプトでヘッドホンアンプにしてみたらどうでしょう?

    ちなみに来年の2/19には「これで決まる! 本物の低音力」というムックが出て、こちらはFOSTEX製のサブウーファー用チャンネルデバイダーが付録に付いてくるんだとか。
    200Hz以下で使えるものらしく、お値段は8,500円(税別)の予定だそうです。
    なんだか一時期のDigiFiみたいなことになっていますけども、誌面のほうも注力してもらって長く続けてもらいたいですね。

    Filed under: Audio
    2018/12/10 12:00 pm | No Comments
  • 0912月

    もうだいぶ前になりますが、finalのハイブリッドイヤホン「MAKE2」をゲットしました。

    紗羅にE5000をプレゼントし、私がE4000を使う形だったわけですが、他のシリーズはどんな感じなんだろう?と。
    finalユーザーには多いパターン(?)ですよね。
    MAKEシリーズはそもそもクラウドファンディングで資金調達するところから始まったわけですが、現在はダイレクトストアで一般発売されています。
    特徴はなんといっても自分でカスタマイズができるという点です。
    シリーズ最上位のMAKE1は77通り、MAKE2,3は847通り以上の組み合わせにカスタマイズできます。

    そのためのドライバ等の工具も付属していまして、これで音導管A(10種類11パターン)、音導管B(6種類7パターン)、ドライバーホルダー(10種類11パターン)を自由に組み合わせられるというわけです。

    シリーズ3モデルで筐体やケーブルが異なるのは他のfinalのモデルに近いですが、MAKE2は「ステンレス筐体ガンメタリック仕上」でケーブルはE4000相当のものかと思います。
    またドライバ構成もモデルで異なり、MAKE2はBA型ドライバーが1基、ダイナミック型ドライバーが1基というハイブリッドです。

    シリーズの中からMAKE2を選んだのはユニット構成がヘッドホンの「PANDORA HOPE IV」に近い構成なので、音傾向も近いのではないかと思ったからです。
    ケーブルは紗羅のE5000でシルバーコートケーブルが優秀なのは分かっていましたが、そこはPLENUE Sで使うことが多いですから、ひとまずALO audio Tinselの3.5mm4極に交換する形なら良いかなと。

    とはいえ、最初は動作確認も兼ねてノーマルケーブルで聴いてみました。
    エージングもまだ十分な段階ではありませんが、E5000の深遠な描写に冴えのある高域が加わった感じで狙い通りの音傾向です。
    もちろんヘッドホンとはやはり多少違って、イヤホンのそれではありますし、低域はもうちょっと出ても良いかなとは思いますが、そこはまさにチューニングできる部分ですし、エージングが進むにつれて伸びてきています。

    色々聴き直したくなるところがPANDORA HOPE IVにやっぱり近いなと思いますし、ピアノが美しく際立つところも同様ですね。
    ただし、BAは広がりを演出する方向では使われておらず、どちらかといえば帯域ごとに割り振られた感じなのは多少異なるかもしれません。

    チューニングもやってみたい気持ちはありますが、まずは十分にエージングしたいということで、先にケーブルをTinselにするところから始めました。
    Tinselのほうがさらに低域は細手になる傾向はありますが、高域は歪みが少なく広がりもあるものです。
    余韻の描写がさらに細かく出てきて、現代的でハイレゾの良さも引き立ちますが、CD音源でも全く同じようにいろんな音が溢れてくるのが不思議な感覚です。
    BAとダイナミックをバランス良く用いることで音数が増えるのと、細かな音のニュアンスが引き出されてくるからだと思います。

    その代わり、リバーブや息遣いなどが結構明瞭にバレるところがあります。
    ここはSONOROUS IIIにやや似ていますが、別にモニタ的に穿り出す感じではなく、自然と聴き取れるような雰囲気なので細かいところが気になったり、尖った印象ではありません。
    そうやってエージングが進んでくると、音に広がりが出始め、カナル型とは思えないような、あらぬ方向から音が飛んでくる感じがますます強まってきています。
    まさにPANDORA HOPE IVのそれに近づいてきてくれているようで、さらなる進化が楽しみです。
    時間的にはまだまだエージングに掛けたほうが良いとは思いますが、落ち着いたら今度はリケーブル(?)、そしてカスタマイズと長く楽しめるイヤホンになってくれると思います。

    Filed under: Audio
    2018/12/09 12:00 pm | No Comments
  • 0812月

    BrightonNetのアルミ製ヘッドホンスタンド「BH-HPS/S」をリビング用に導入してみました。

    私はパソコンデスクにS字フックでぶら下げて用が足りていますけども、先日のfinal PANDORA HOPE IVは紗羅がリビングで使いますから、サクッと使いたい時に取り出せて収納も楽なほうが良いかなと。

    写真でぶら下げてあるのはSONOROUS IIIですが、まぁ似たようなものです。
    デザイン的にもテイストが似ていますし、サイズもピッタリでした。
    裏側にケーブルオーガナイザーという巻き付ける部分もありますが、これは使っても良し、そのまま下の円形の部分に置いても良いと思います。

    ヘッドホンを掛ける部分にはちゃんとゴムが貼ってあり、この幅も5cmほどと広めなのでかなり大柄のヘッドホンにも対応できるでしょう。

    全体にアルミがしっかり使ってあって、台座部分もそこそこ重さがあるので転倒の心配もあまりないと思います。
    底面にはゴムも貼ってあり、滑り防止もバッチリです。

    難点として挙げるなら、すでに廃番になってる感じなところでしょうか。
    お店には残ってるところも多いですし、ゴールドバージョンもあるのでちょっとオシャレにヘッドホンを置いておきたい方にはお値段も安くなっていて良いかなと思います。

    Filed under: Audio
    2018/12/08 12:00 pm | No Comments
  • 0712月

    WordPressが5.0にアップデートしていたので、データベースのバックアップを取って更新してみました。

    正直いつもの感じで気楽に考えていたのですが、そういえばGutenbergにエディタが変わるよ、という告知が出ていたんですね。エディタがすっかり見慣れないものになってしまって、戸惑いを隠しきれません。単純にエディタが変わったというだけではなく内部構造も変わっているようなので昔のエディタに戻す、と単純にはいかないようですし…。
    既存の投稿は一応Classicとして保持されていますから、変換しなければ安心(?)ですけども新たに書く記事はそうもいかないようです。
    新しいのに慣れようか!と書き始めましたが、自分が思ったようなHTMLタグにならないというのはストレス以外の何物でもないですねぇ。
    仕方ないので、当面は「Classic Editor」というプラグインを入れて以前のエディタに戻しておくことにします。

    それ以外にもAMPの扱いがずいぶん変更になってるようでして、そこはまだ手付かずです。少々新鮮味がなくなっていたので、そういう意味では尖った感じが面白いですけども、コーポレートサイトでCMSとして使ってるところも多いはずですし、ちょっと思い切った変更過ぎかなぁという気も…。

    アップデート自体はトラブルもなく無事に終わりましたし、これまでのコンテンツも維持されているようではありますが、これからアップデートしようという方はしばらく情報が出揃うまで待ったほうが賢明かもしれません。冒険心溢れる方は結構楽しめそうですので、ぜひチャレンジしてみてくださいませ。

    Filed under: Blog
    2018/12/07 3:30 pm | No Comments
  • 0712月

    11/21に配送修理で依頼したiPhone 7のバッテリー交換ですが、12/4に戻ってきました。

    前回、バッテリー交換価格が来年から改訂される関係で混雑しているという記事を書きましたが、その直後からはわりと順調に処理されていき、結果的には2週間くらいで戻ってきた形です。
    もちろん普通よりは多少時間が掛かったようですが、進捗が分かれば特に長いほうでもないですね。
    途中も12/1に修理完了が届いて、12/2に発送準備中、12/3も発送準備中のまま、という具合ではありましたけども。
    最初の「梱包箱を発送しました。まもなくお手元に届きます。」のままに比べれば、大して気になることではありません。(多少の嫌味は入ってます。)

    返送もクロネコヤマトさんで、問い合わせ番号も通達されるので受け取りやすいのは良いですね。
    梱包も整備済製品に準ずるくらい丁寧なもので、90日間の修理保証も付いていました。
    それもバッテリーだけではなく、iPhone全体に適用されるようで一種のオーバーホールみたいな扱いなんですね。
    それは安いうちに出しておこうと思う方が多いのも頷けます。

    届いたiPhoneは保護シールが貼られた状態で、中身は当然初期化されていました。
    アクティベーションも再度実施する必要がありましたが、SIMなしでも無事にクリアしてくれました。
    iTunesに暗号化バックアップをしてなかったのでヘルスケアのデータは消えたでしょうが、そこはまぁエクスポートはしておいたので別に良いでしょう。
    ちなみにヘルスケアのデータもバックアップしたい場合はiTunesで暗号化バックアップを取っておく必要があるそうです。

    キレイになって戻ってきたiPhone 7ですが、今のところはあまり目立った出番はありません。
    SIMフリーにして運用してみることもちょっと考えましたけど、必要性があまりないんですよねぇ。
    すっかりiPhone XSでホームボタンがないのに慣れたので、操作を間違える始末ですが、ネットワークオーディオプレーヤーのコントローラにするか、それともやっぱり格安SIM運用するか、もうちょっと考えてみようと思います。

    Filed under: Smartphone
    2018/12/07 12:00 pm | No Comments
  • 0612月

    AUDIO DESIGNからフォノイコライザーを主体としたプリアンプ「DCEQ-1000」が12/10に受注開始されるそうで。

    ちょっと他のオーディオブランドとは違う視点で技術者目線とでも言えるようなテイストの製品が主体だと勝手に思っていますが、今回のはちょっとだけ毛色が違う印象もあります。
    まずお値段が同社としては初の100万円超えという、ハイエンド(この呼び方はキライですが)向けになっています。
    ただし外見を仰々しくしてお高く仕上げたわけではなく、中身を投入した結果のお値段(そんなにたくさんは売れないからという事情もあるでしょうけれども)というところでは立ち位置は変わっていないのかも。
    内部を見るといかにも良質そうなアナログボリュームが目立ちますし、同社らしい設計に仕上がっているなと思います。
    おそらくアルプスのRK50114A0001だと思いますが、これだけで14万円くらいしちゃう代物です。

    また、フォノイコライザーはMCとMMで別々になっているようです。
    MMに電子式連続可変容量回路を装備していてMMもちゃんと重視した設計ですが、MCはRCA接続でもバランス入力受けできるなど、それぞれに面白いフィーチャーを載せてありますね。
    プリアンプと一応書きましたが、実際にはLINE INは1系統のみですから、ホントにもうフォノイコライザーが主体の設計です。
    ここまでやるならボリュームのコストを考えたらプリアンプと分離したほうが良い気もするのですが、むしろラインセレクターを分離すれば良いじゃないか?という考え方なのでしょう。

    もうひとつ目を引くのは正面の液晶モニタでしょう。
    ここにカートリッジの周波数特性やクロストーク成分などの測定結果が表示できるんだそうで、フォノイコを兼ねたカートリッジ計測器のような趣きはまさに同社らしい感じですね。
    ただ、フォノイコ近辺にこうしたディスプレイなどの回路はノイズ源になりそうな気もちょっとしてしまいます。
    その辺りは各アンプごとに独立のGNDを形成した「クリーン・グラウンド電源」というものになっているんだそうです。
    個々に独立電源にしたほうがむしろ簡単なようにも思えますが、そこもこだわりでしょう。

    さらに付属品に「測定用テストレコード」が付いてくるというのがまぁなんとも。
    スペック上の歪率はMMで0.0006%、MCでも0.004%を謳ってありますが、その条件が書かれていません。
    それこそグラフで出してくれればいちばん分かりやすいと思うのですけど、最近の機種は他社も含めて、そうした計測結果が載っていないのが少々残念です。

    Filed under: Audio
    2018/12/06 12:00 pm | No Comments