• 2511月

    (11/25 21:22更新)
    解答を白文字で続きに掲載しました。
    ---

    さきほどの同じサイトから第2問をば。
    http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/5376/koramu18.html

    今回も問題を引用させてもらいます。

    今度は腕の長さが等しい天秤があります。

    今、あなたは金貨の入った坪を庭で見つけました。
    枚数を数えてみると81枚ありました。

    ところが、同じ坪に入っていた一枚のメモによると、
    どうやら本物の金貨は1枚だけ。
    本物は重さが偽物よりも少しだけ重いらしい。
    偽物の金貨はみんな同じ重さ。
    手で持ったくらいでは、本物と偽物を見分けられません。

    ここで天秤の出番です。
    あなたは天秤を何回使って本物を見つけ出すことができますか?
    できるだけ少ない回数で見つけ出してください。

    さぁ、どうです?今回も引用元のページには答えはありません。(^^;
    頑張って解いてみてくださいね~。

    私は多分解けたと思います。答えは、続きをどうぞ。

    ヒントは、金貨の枚数。
    81枚という枚数が、大きなヒントになってます。

    では、答えは下に。白文字にしてありますので、反転選択して読んでくださいね。
    ---

    まず、金貨を27枚ずつ、3つの山に分けます。
    そして、そのうちの2つを天秤の左右に載せます。


    もし、載せた山のいずれかに本物の金貨が入っていれば、どちらかに傾きますよね?
    どちらにも傾かなかったとしたら、載せなかった山に本物の金貨が入ってます。
    というわけで、ここで27枚に候補を絞り込めました。


    同様に次は9枚ずつ、3つの山に分けます。
    …とここまで書けば、お分かりですね。
    次は3枚ずつ、そして最後は1枚ずつ天秤に載せれば、本物の金貨が見つかります。


    ですから、答えは4回、でした。

    ---

    さて、うまく気づきましたか?わかったら簡単なことなんですけどね。(^^;

    Filed under: 雑学
    2004/11/25 12:30 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • Yoshi Says:

    3回です。
    3つに分けますのくりかえし。
    さんかできました(^^;)

  • MacBS Says:

    Yoshiさん、コメントありがとうございます。

    考え方はもうばっちりですけど、多分4回ではないかと。(^^;
    27,9,3,1ですからね。
    それとも、何か違うのかな?

    それがハッキリしたら、解答を載せましょう。

  • Yoshi Says:

    あ、1回抜いちゃった。
    4っ格ですね(^^;)

  • MacBS Says:

    Yoshiさん、コメントありがとうございます。

    4回でOKですね♪
    失格だなんて、とんでもないですよぉ~。
    理論は完璧ですものね。

    正解も一応掲載しておきました。
    反転だから、間違って答えを見ちゃう心配もないでしょうから。