• 069月

    手持ちの自動巻き腕時計も増えてきたので、TIME TUTELARYのウォッチワインダーを導入しました。

    TIME TUTELARY WATCH WINDER

    このワインディングマシーンは2本巻きで、内部はマブチモーターが使われているらしいです。
    中身を見ても特に面白みもなさそうなので、内部を開けてみるのはやめておきました。
    ちなみに電源は付属の4V ACアダプタです。

    TIME TUTELARY WATCH WINDER

    早速、2本をセットしてワインディングしてみましたが、このブルーのLED照明が一見カッコいいものの、ちょっとうるさいですね。
    LEDはフタの側に装備されていて、本体とは電極で伝える仕組みになってたので、ここにマスキングテープを貼って点灯しないようにしました。
    これならいつでも元に戻せますし。

    TIME TUTELARY WATCH WINDER

    動作は裏に「タイマー設定」というのがあり、以下の4種類から選べます。

    a. 時計回りで6分回転、30分停止
    b. 反時計回りで6分回転、30分停止
    c. 時計回りで20分回転、10分停止、反時計回りで20分回転、10分停止
    d. 時計回りで10分回転、2秒停止、反時計回りで10分回転、2秒停止を3時間繰り返して9時間停止

    上下の時計は個別に回転のOn/Offができますし、動作音も意外と静かで、これなら夜に動いていてもそんなに気にならないかも。
    窓から覗く時計をチラッと眺めるのも、なかなか楽しいですね。(ジーっと見てると目が回ります。)
    一部の自動巻き時計はリューズで巻き上げると故障の原因になりやすいものもあるそうですし、そうしたものを中心にワインダーで巻いてあげようと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Watch
    2015/09/06 12:00 pm | 5 Comments

5 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    マブチモーターですか! 親しみを感じますね〜 回転の設定が色々と変えられるのは良いですね。LEDを差し替えてしまったらどうでしょう(^-^)/

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    ホントは中身を覗いてみたいのは腕時計と同様ですが、壊れては元も子もないですし…。
    LEDは私も白色に替えたら良いかも、と思ってたところです。
    蓋の側なら壊れてもワインダーには関係ありませんが、分解できるのかな?

  • shigechan Says:

    今日は、ひたすら雨が降っていますが、そちらは如何でしょうか?

    画像を見る限りLEDは蓋の方に付いていますから、可動部は無さそうですね。蓋そのものを開ける事が出来れば、LEDの組み込みは楽勝かと。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    蓋の裏側に4本のネジがありました。(まだ開けてませんが。)
    あとは白色LEDの入手ですね。
    できればぼんやり明るいくらいが良いのですが、そういう時はディフューザーみたいなのを付ければ良いのかな?

  • shigechan Says:

    今晩は。

    拡散キャップというのがあるのでそれを使えばOKですが、最近は高輝度若しくは超高輝度タイプばかりですから、抵抗を変えないとお好みの明るさにならないと思います。