• 0710月

    SEIKOの電波置時計「SQ698S」をリビングに導入してみました。

    SEIKO SQ698S

    以前からNQ501Sは愛用していて、今は仕事部屋に置いてあるのですが、先日ピアノを導入した際に調律師さんから温度や湿度管理をされたほうが良いとのアドバイスもあり、それならばと追加購入する気になった次第です。

    SEIKO SQ698S

    温度と湿度の表示もちゃんとありますし、電波時計もあってお値段もお安いから、このタイプはオススメなんですよね。
    セイコーのは窓際にないと電波を受信できないことがあるというレビューも見かけますが、うちの置き場所だと特に問題なく受信できています。
    ただ最初はうまく受信できず、説明書を読んで背面にあるリセットボタンを押したら受信してくれました。

    SEIKO SQ698S

    他にもアラーム機能もあるんですが、これは正直使ったことがありません。
    最近、アラームはもっぱらiPhone頼みですね。
    ボタンなどの押しやすさは以前のモデルのほうがやや作りがガッシリしているような気もしますが、アラームを使わない場合は触ることはほとんどないですし、特に気になるほどではないと思います。
    ピアノの温度管理もそうですが、エアコンを付けていてもなんとなく蒸し暑いなぁとか、付けなくても大丈夫そう、といった判断ができる点でも重宝しそうです。

    関連エントリー:

    Filed under: Watch
    2016/10/07 12:00 pm | No Comments

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.

重要! スパム対策のため、下の計算の答えを書いてね。

8 たす 2 は?
Please leave these two fields as-is: