• 231月

    SEIKO SPIRITの電波腕時計「SBTY001」を見つけたのでゲットしてみました。

    SEIKO SPIRIT SBTY001

    あれ?スピリットの電波ソーラーなら、先日、ペアウォッチでゲットしたはずではと思ったあなた、鋭いです。
    でもこれは電波だけどソーラーではない、という、今となってはそれはそれは珍しいお時計さんなのです。(こじつけた理由)

    SEIKO SPIRIT SBTY001

    ソーラーじゃないからか、ちょっとだけ秒針が太めで見やすいとか、同時期にしては薄い5B21キャリバーが採用されている、といった違いはありますけど、その代わり、電波なのにデイトがない、とか、なかなか中途半端な仕様です。
    そのおかげか、電池寿命は意外に長くて3年もありますし、中途半端なパワーセーブ機能もないので、暗いところにしまっておいても平気です。

    SEIKO SPIRIT SBTY001

    ちなみに5B21は当時、ドルチェやブライツでも使用されていたので、別にケチってデイトを付けなかったわけではないんでしょうけどね。
    電波の受信感度向上のために裏ぶたはやっぱりガラスを使ってますが、それでもシチズンよりはやっぱり感度は低めです。
    むしろ先日のソーラー電波のスピリットよりも若干低いくらいです。

    SEIKO SPIRIT SBTY001

    その代わり、チタンでしっかり軽いですし、二次電池の心配をしなくて良いという点では長く愛用できるかもしれません。
    どうせならブライツも狙ってみたかったですが、やっぱりお高いので、ちょっと手が出ません。
    いつかは狙ってみたいと思っていますけどね。

    関連エントリー:

    Filed under: Watch
    2016/01/23 12:00 pm | SEIKO SPIRIT SBTY001 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.