• 294月

    Paul Smithのクォーツ式腕時計「Speedometer」を見つけたのでゲットしてみました。

    Paul Smith Speedometer

    スピードメーターという名前は他のモデルでも使われていますし、むしろ「鉄仮面」という相性のほうが有名かもしれません。
    私も見つけてつい「お、鉄仮面だ!」と声に出してしまいましたから。
    型番としてはPSQ42-0632というモデルのようです。

    Paul Smith Speedometer

    純正のベルトも付いていましたが、推定で17.5cmほどと、私にはほんのちょっと短かったんですよね。
    服もそうですけどPaul Smithはユーザーさんがスリムな方が多いのでしょう。
    大抵小さめのものが多いような気がします。

    Paul Smith Speedometer

    バンド幅が26mmとかなり巨大ですが、オリエントのこれまた変な表示系の自動巻きに付いていたベルトがほぼ同じ幅だったので、これに交換しておきました。
    おそらくシチズンに修理扱いで持ち込めば追加のコマも入手可能だとは思うのですが。

    Paul Smith Speedometer

    ところでこの鉄仮面、普通の時計の上半分が見えているような状態で、これで時間を読みます。
    実際には下半分のほうにも突き出した針があるわけでして、赤い分針、秒針は時計の周囲に書いてある数値に30を足して読むという、かなり慣れが必要な指針になっています。
    上の写真だと4時35分45秒ということになります。

    そんなわけで実用性が低そうな感じですけど、慣れるとこれが意外と使い勝手が良かったりして、ベルトを交換したこともあって装着頻度は当初の想定よりは多いです。
    Paul Smithの中でもかなり変わったデザインですが、個人的にポール・スミスが好きなのもあるのでしょうね。
    ちょっと傷が付きやすいんですけど、あまり気にせず、どんどん使いたいと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Watch
    2016/04/29 12:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    お早うございます。

    ユニークなデザインで面白いと思いますが、幅がありそうですね。邪魔にならないんですか?

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    幅は最大のところで48mmですので、最近のデカい時計に比べればそれほどでもないかもしれません。
    奇抜なデザイン過ぎる気もしますが、海外では人気が高いらしいです。
    腕が大きい人でないと似合わないかもしれませんね。