• 0610月

    ORIENTの自動巻き時計「Automatic TITANIUM」のCEZAC001Dをゲットしました。

    ORIENT Automatic TITANIUM CEZAC001D

    いつものように中古なんですが、試着してみたらベルトが短かったので、どうしようかな、と一瞬迷ったんです。
    ただ、以前にオリエント時計さんからベルトのコマを直販してもらっていたのもあり、なんとかなるだろうと。
    そもそも普通のバネ棒ですから、いざとなれば他のベルトに交換も可能ですが、ベルトも含めてチタン製というもあり、できれば純正のまま使いたいですからね。

    ORIENT Automatic TITANIUM CEZAC001D

    それにしてもベルトは相当短くて、念のため2コマ注文しておきました。
    届いて装着したら1コマでもギリギリ大丈夫でしたが、それにしても腕が細い人が使ってたんですね。
    チタンだから軽いとはいってもかなり大柄な時計ですが、元はおそらく15cmくらいだったのではないかと。
    私は17〜18cmくらいですけど、メンズだとどのくらいが普通なのでしょう?

    ORIENT Automatic TITANIUM CEZAC001D

    もう一つ気に入ったのがパワーリザーブ機能がある点です。
    パワーリザーブというのは自動巻きのバネの巻き具合を示すもので、この時計だと上部に駆動可能な時間の目安を表示してくれます。
    これはホントに便利で、自動巻き時計は全てに装備してほしいくらいです。

    ORIENT Automatic TITANIUM CEZAC001D

    このモデル、海外限定モデルのようで、他にも黒や白の文字盤のタイプがあるようですし、チタンでないステンレスタイプにも似たものがあるみたいです。
    ムーブメントは23石で、秒針ハック機能がないのがやや残念です。
    100m防水で、初期状態でも歩度が計測値で-4秒くらい、実働で±10秒以内なので、中は開けないことにしました。

    新しいこともあるのでしょうけど、姿勢差も少なくて安定感があって、オリエントの自動巻きはかなりお気に入りになったかも。
    一時期、シチズン熱が高かった時期がありましたが、今度はオリエント熱に変化するかもしれません!?

    関連エントリー:

    Filed under: Watch
    2015/10/06 12:00 pm | ORIENT Automatic TITANIUM CEZAC001D はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.