• 026月

    時計ネタが続きますが、今度は「LISA CHRONOMETER」という聞き慣れないものを見つけたのでゲットです。

    LISA CHRONOMETER

    同じようにスモセコの付いた(ベルトのない)個体が4つほど同じ値段で売ってたんですが、そのうち2つはSEIKO(片方はseikosha表記だったと思う)、もう一つはCITIZENだったので、面白そうなLISAを選びました。
    小さく「swiss made」の手書きっぽい文字も見えましたし。

    LISA CHRONOMETER

    その手書きっぽさがインチキっぽかったのでムーブメントを見てみましたが、ちゃんとスイス製のムーブメントのようです。

    LISA CHRONOMETER

    15 JEWELSで、どこにもメーカーの記載がありませんが、色々見比べてみるとLONGINESの手巻きのものにやや似ていますし、年代的には1930から40年代くらいではないかなと予想します。
    文字盤やケースはどうもリダン、交換したものではないかという気もするので、本来がどういうメーカーのモデルだったのかは不明です。

    これだけ古いものですから精度は当初かなりズレていて、2時間で1分くらい進んでいました。
    どうせムーブメントも覗いたことですし、緩急針で調整してみることに。
    最初はこわごわとちょっとずつズラしますが、それではほとんど変わらないのでかなり大胆にズラすと今度は1日で2分くらい遅れるようになりました。
    逆に言えば、あとは追い込むだけでそれなりの精度にできるということで、現在も追い込み中といったところです。
    まぁそんなに高精度である必要はないので、1日で数十秒遅れくらいまで持ってこれれば十分かなと。
    どうせ姿勢差などもあるでしょうし。

    そんなわけでとうとう緩急針までイジるようになりましたが、もうちょっと色々イジれるようにと精密ドライバーともう一つのグッズも注文しました。

    時計用精密ドライバー

    もう一つのグッズのほうは届いてから別途レポートしたいと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Watch
    2015/06/02 12:00 pm | LISA CHRONOMETER はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.