• 2812月

    KATHARINE HAMNETTのクロノグラフ「KH2093」を見つけたのでゲットしてみました。

    KATHARINE HAMNETT KH2093

    ダブルレトログラードという機構がちょっと珍しいモデルでして、クロノグラフがちょっと普通と違った配置になっています。
    まず、クロノ長針は1/5秒単位で動き、1分で一周するタイプで、ここはそこそこ普通です。

    KATHARINE HAMNETT KH2093

    違うのはまさにレトログラードな1分針、10分針です。
    上側に配置された扇状の針は1分針で、1分単位で動き、10分までの表示となります。
    10分が経過すると名前のとおり逆行して0からまた1分単位で表示していきます。
    下側の10分針は10分単位で動いて、100分までの表示ができます。
    これらを合わせて読むことで、経過時間を100分まで見ることができつつ、最小単位は1/5秒という精度を持たせてあります。

    KATHARINE HAMNETT KH2093

    製造は”JAPAN MADE”だそうで、PRODUCED BY FORTUNEの文字も見えます。
    FORTUNEは付属の説明書に名前もあった大沢商会のブランドでして、ここは1890年から時計に関わっていて、今も幅広くブランド製品を扱っている会社みたいです。

    KATHARINE HAMNETT KH2093

    風防にはやや傷がありますが、他のブランドにはない独特のデザインや仕上げの雰囲気があります。
    文字盤も非常に立体感があるものですし、色も角度や見え方によって深い青に見えたり、グレーっぽく見えたりと、なかなか凝った作りのように思います。

    KATHARINE HAMNETT KH2093

    キャサリンハムネット自体はかなり有名なブランドですが、時計はさほど知名度がないように思えます。
    そういうところも個人的には結構気に入ってるポイントです。

    関連エントリー:

    Filed under: Watch
    2015/12/28 5:00 pm | KATHARINE HAMNETT KH2093 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.