• 1312月

    普通のディスプレイだと、メニューだとかで、明るさやコントラストを
    調整できますよね。
    でも、iMacには、そういうボタンも何も付いていません。

    実はこれ、Macがカラーキャリブレーションをきちっと管理しているから
    でもあるんです。
    どのMacで見てもプリントしても、同じ感じに見えるようになってる、
    というわけですね。

    ただ、やはり周りの環境や個体ごとの差もあるわけで、それを調整する
    機能も、ちゃんと用意されています。

    どこからやるかというと、「システム環境設定」から、おこないます。

    まずは、左上の「アップル」メニューから「システム環境設定」を選びます。
    そして、「ディスプレイ]」をクリックして、「カラー」タブを選びます。
    そこに「補正」というボタンが表示されているはずです。
    これをクリックすれば、補正の開始です。

    そうすると、下の「Apple ディスプレイキャリブレーター」というのが
    表示されるかと。
    (クリックすると、少し大きくなります。)

    で、「詳細モード」にチェックを入れて、「続ける」をクリックです。

    そうすると「ディスプレイのネイティブ曲線を決定する」という、なんとも
    大げさなタイトルの画面になります。

    要は、この画面でディスプレイの調整をやってることになるわけです。
    あまり変な設定はせず、指示に従って、アップルマークと背景が同じ
    濃さ、色味になるように調整しましょう。

    その後、ガンマやホワイトポイントなどの指定がありますが、これは
    デフォルトのままで良いと思います。
    あとは補正情報を別の名前を付けて保存すれば完了です。

    うちの環境ではデフォルトより少し暗めになって、色味はやや色温度が
    低めに設定されたようです。

    できれば、一番良く使う時間帯に、普段の環境で調整するのがベストかと。
    また、時々、設定も見直してあげたほうが良いかもしれませんね。

    関連エントリー:

    Filed under: Start Mac
    2006/12/13 9:50 am | iMacのディスプレイ調整 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.