• 1612月

    さきほども書いたように、Macの最近のアプリはユニバーサルバイナリ対応を
    してくれているのは、うれしいのですが、その分、まるで2つ分という感じの
    ファイルサイズになっていることが良くあります。

    iMacではHDDも多いですし、当面、それほど気にはなりませんが、MacBook
    あたりでは、できれば無駄な容量は削りたいところかと。

    そこで、そんなことができるアプリを探していたら、「TrimTheFat」という
    フリーソフトを見つけちゃいました。
    http://homepage.mac.com/gweston/download.html

    このソフトを起動して、開いた小さなウィンドウに、ダイエットしたいアプリを
    ドラッグ&ドロップするだけで、自分の環境に不要な分のバイナリを取り除いてくれます。
    もちろん、ちゃんとバックアップも作ってくれるので、動かなくなっても安心です。
    まぁ、念のために最初は自分でもバックアップを取っておいたほうが安心ですけどね。

    で、実際に実行してみた結果も示してみましょう。
    さきほど落としたばかりのPhotoshop CS3の体験版で試してみました。
    まずは、スリム化する前の実行ファイルです。

    そして、スリム化した後の実行ファイルは、こんな感じです。

    サイズにして45%ほど小さくなっていますね。なかなか上出来かと。
    もちろん、スリム化した後のアプリでも、iMacでの起動には全く問題ありません。

    どなたにもお勧めできる、とは言えませんが、すっかりIntel化が完了しちゃった方なら
    PPCのコードは消してしまっても良いかもしれませんね。
    不都合が出れば、再インストールしても良いわけですし。

    関連エントリー:

    Filed under: Start Mac
    2006/12/16 4:18 pm | ユニバーサルバイナリをダイエット はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.