• 292月

    ノキアからSymbian搭載のハイエンド携帯「Nokia 808 PureView」が発表されたようで。

    すでに軸足がWindows Phoneに移っている中、出てきた機種ではありますが、カメラ好きにはちょっと気になるスペックもあって取り上げてみました。
    それはカメラ専用機でも類を見ない4100万画素という高画素です。

    最初は「ピクセルオーバーサンプリング技術」なる技術で1pixelで7pixel分をうんぬん…といった記事があったので、てっきりデジタルズーム的なものかと思ってたんですよね。
    でも、どうやらそうではなく、500万画素相当で記録する場合に7画素混合できますよ、という意味みたいです。
    つまり、素子自体が実際に4100万画素を持ってるということのようなんですよね。
    画素のサイズがマルチアスペクト対応になってるので、4:3で3800万画素、16:9で3400万画素となるようではありますが、それでも十分すぎるくらい、すごい画素数です。

    となると画素サイズはさぞや小さいのかと思いきや、素子のサイズが1/1.2型とかなり大きめです。
    むしろ、カメラ専用機よりも大きいくらいのこの素子、どうやら東芝製とのこと。
    デジカメに先んじて搭載というのはすごいですねぇ。
    デジカメといえば今は日本製の天下ですけど、うかうかしていられないなぁという印象です。

    レンズはCarl Zeiss銘の24mm相当F2.4というのもなかなかのものです。
    3倍ズームまでは500万画素をキープしての「ロスレス」なデジタルズームができるということで、非常に面白いアプローチだと思います。
    Symbianだからなぁ…という気もしますが、今後はWindows Phoneにも載せてくるでしょうし、デジカメ用OSとして枯れたSymbianを使うのも面白いのかもしれませんね。
    サンプル画像も素晴らしい感じですし、今後の展開に期待したいところです。

    関連エントリー:

    Filed under: Smartphone
    2012/02/29 9:00 pm | Nokia 808 PureView はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.