• 151月

    iPhone 7にヘッドフォン端子がないのはもう今さらな事実なんですが、DAPもあるしアダプタもあるから必要ない!と思っていたのですが、じわじわと不便さが募ってくるようになりました。

    音楽をiPhoneで聴くことは相変わらずないのですが、TwitterやYouTubeの動画を観る時にスピーカーではあんまりな音ですし、アダプタも手元に持ってるとは限らないんですよねぇ。
    そこでBluetoothのイヤホンなども一応は調達したのですが、これがまた音質も満足いかないですし、通話でもイマイチで、少なくとも私には合いませんでした。

    そこで今さらながらLightning端子につなぐオーディオアダプタといいますか、DAC系を探してみました。
    当初、CHORD Mojoを考えたこともあったんですが、これはLightning-USBカメラアダプタが必要で、それでは気軽さが…。
    ハイレゾとかを聴くつもりはなく、Lightning端子直結で選びたいところです。

    LogitecのLHP-AHR192が気軽さではいちばん良さそうですが、すでに在庫限りですからiOSのバージョンアップがやや不安かも。
    AK4430ETを積んでいてハイレゾにも一応対応してるようですし。
    気軽さからするとマイクが付いてたら、もっと良かったかなと思いますが、それはニーズが違うんでしょうね。
    あと、LHP-AHR192の他にLHP-A192HRもあって、違いがイマイチ良く分かりません。
    ボリューム調整や作りもやや難ありみたいで、気軽さ優先という感じですねぇ。

    あとはTEACのHA-P50SEも価格が思ったより安くて良さそうですが、ヘッドフォンアンプが欲しいわけではないですからねぇ。
    さらにiPadを別に用意する…なんてのも考えましたけど、ココまで来るとまたいつもの悪いクセで脱線し過ぎです。
    どうせその路線ならばと、iPhone 5SをiPod touch代わりとして復活させることにしました。
    とりあえずコレでも良いかなぁという気もしますが、もうちょっと検討は続けてみようかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Smartphone
    2017/01/15 12:00 pm | iPhone 7のオーディオ出力候補 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.