• 126月

    [ 本日のPickup ]

    海外発表:4,200万画素+5軸手ブレ補正の「ソニーα7R II」

    すでに色んなところで話題になっていますが、ソニーからα7R IIが海外発表されたそうで。
    とうとう画素数は4,200万画素まで到達しました。
    この調子だと1億画素も来年くらいには登場してくるんじゃないかという気もしてきます。
    動画でも8Kになると単純計算でも3300万画素、RGB各色と考えれば1億がフル再現には必要ということになるわけで、実際、NHKは1億3300万画素の35mmフルサイズセンサを作ってるみたいですね。
    カメラのほうに話を戻しますと、各種スペックは他所に任せるとして、マウントアダプター経由のAマウントレンズでもフル性能が発揮できるんだとか。
    これでAマウント専用機は不要ということになるのでしょうし、さすがの私でももう次にαを買うならマウントアダプタ経由で使うだろうなと思います。

    Wadia、70万円のデジタルステレオパワーアンプ「a315」。モノラルも

    まずWadiaでアンプ!?というのが古くからのオーディオファンには多少の違和感がありますが、かなり本腰を入れたパワーアンプのようで。
    デジタルアンプなので発熱量が少ないこともあり、コンパクトにしてガラストップにしてあるそうです。
    ただ定格出力を出した場合にはそれなりの消費電力にはなる(エネルギーは熱ではなくスピーカーに行くから問題ないでしょうけど)わけで、消費電力はステレオパワーのa315が動作時で130W、モノラルのa340は200Wとのこと。
    ただし、スタンバイ時は0.5W以下と、そこはさすがデジタルアンプという感じです。
    とはいえ、やっぱり今のWadiaは昔とは違うよなぁという気がしてしまうので、どこかでそれを払拭してくれるようなサウンドを聴いてみたいものです。

    今秋提供のApple Watch用「watchOS 2」、文字盤での動画再生が可能に

    Apple Watchを持ってないので今頃になってwatchOS 2の話題を。
    そもそもこれまではリューズをアプリで使えなかったんだ、とか始めて知ったり。
    あと、動画再生は可能になるそうですから、時計の文字盤を表示するアプリはダメでも、時計のムーブメントの動きを裏スケみたいに見せてくれるようなアプリくらいは許してくれないかなぁ。
    実際のところ、全く興味がないわけでもないのですが、なにかキラーアプリとか、これは絶対欲しいとなる機能が付かないと買うことはないかなぁ。
    いっそのこと、iPod nanoにwatchOSを載せてくれたら面白いのに、なんて思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Pickup
    2015/06/12 12:00 pm | Pickup 20150612 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.