• 2712月

    最近はGF1でマウントアダプタ遊びをしていましたが、やっぱり光学ファインダーのある機種も楽しいなぁと、あらためて思い直しているところです。
    以前もM42レンズをαで使いましたが、他にも使えるレンズがないかなぁと考えていて、UV Topcorを思い出しました。

    トプコールは古くはLマウント、その後、エキザクタ、そしてレンズシャッター機は独自のUVマウントになってます。
    このUVはレンズシャッターの構造もあって、フランジバックが非常に長いんですよね。
    ただ、後群のレンズは突出気味なのですが、αで使う分には問題ないようです。

    αのマウント金具はジャンクのレンズから取り出したものがありますから、あとはフランジバックを合わせるスペーサーがあればOK。
    色々と探してみましたが、52→55のステップアップリングがベストでした。
    これで無限遠もほぼ合うということで、ボンドで接着して完成です。

    手持ちのUV Topcorはこれ一本だけで、実は絞り羽根が壊れていて開放オンリーなんですよね。
    場合によってはF5.6くらいの固定絞りを入れちゃうという手もありますが、まずはこのまま開放で使ってみようかなぁと。
    ちらっと撮ってみた感じではコントラストもしっかりしていて、結構使えそうです。
    年末年始あたりに久しぶりにα700をこの改造レンズといっしょに持ち歩いてみるのが楽しみです。

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2010/12/27 9:00 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • Ryu Says:

    面白そうですね〜私も何か作りたいです!

  • MacBS Says:

    Ryuさん、コメントありがとうございます。

    オートハーフのレンズをマイクロフォーサーズで使ってみると面白いかもしれませんね。