• 135月

    オリンパスのハーフサイズカメラ「PEN D2」の試し撮りが終わったので
    いつものように掲載してみます。

    実画像サイズ 483 x 640 ( 93 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    目測ではありますが、結構近接撮影もできるので、うまくピントさえ
    合えば、なかなかの描写をしてくれます。

    ただ、全般的に逆光の場面では、フレアっぽい絵になりがちでした。
    これはレンズのコーティング技術がまだまだだったんでしょうか。
    フードを付けたほうが良さそうです。


    ETSUMI エツミ ラバーフード 43mm用

    順光であれば、ハーフサイズということをあまり意識しないくらいの
    描写をしてくれますけどね。

    実画像サイズ 481 x 640 ( 111 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    露出計の精度はなかなかで、単体露出計に引けを取らない
    レベルでした。

    実画像サイズ 482 x 640 ( 61 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    あと、フィルム送りの精度が高かったのも印象的です。
    ハーフサイズのカメラって、結構フィルム送りがいい加減で
    コマ間がバラバラだったりするんですが、D2はとても正確で、
    フィルムスキャンもやりやすかったです。

    他の作例も少しだけ下のページに置いてありますので、よろしければ
    ご覧ください。
    http://homepage1.nifty.com/macbs/photo_pend2.htm

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2007/05/13 3:27 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • こじろう Says:

    PENの開発秘話等を読んでいるとかなり考え抜かれた機構になっている事が判ります。
    自分はPEN EE3を使用していますがコマ送りは確実にされていますね。

  • MacBS Says:

    こじろうさん、コメントありがとうございます。

    露出計もオーバー、アンダー側で微妙な味付けが
    されているらしいですね。

    コマ送り、うちのEEDやPEN Fだと少し不安定です。
    コニカのAUTOREXなんかはもっとひどいですけどね。

    D2も今度はフード付けて撮ってみたいと思ってます。