• 1612月

    OM-2Nの予備機にゲットしたオリンパスの一眼レフ「OM-2」の
    試し撮りの現像が出来上がってきたので、いつものように何枚か
    貼ってみます。

    実画像サイズ 420 x 640 ( 61 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    レンズは全て「おまけ」に付いてきたZUIKO 50mm F1.4を使いましたが、
    カビをちゃんと除去できたおかげもあって、写りはなかなかです。
    ぼけが自然なのは、やはりマクロのオリンパスらしいところかも、と
    感じたりしました。

    実画像サイズ 425 x 640 ( 65 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    発色はフィルムがKodakということもあるのでしょうが、露出精度なども
    微妙にOM-2Nとは違う感じです。

    …と思って調べてみたら、やはり変更になってるようで、シャッター幕の
    ランダムパターンが中央重点から、Nでは平均的なものに変更になって
    いました。

    確かに、うちにある2台でも、幕のパターンが違います。
    ちょっとした違いですが、やはり「N」は改良されてるんですねぇ。

    実画像サイズ 640 x 424 ( 75 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    フィルムについては、Kodakは露出がぴしっと決まれば、カラーバランスが
    良いんですよね。
    ただ、ちょっとずれると色かぶりが出やすい傾向にあります。

    でも、その決まった時のコダックらしい発色自体は好きなんですけどね。
    105円フィルムとしては、十分なものだと思いますけど。

    最近は銀塩でばかり遊んでいて、デジカメは持ってすら出かけない
    ことが多くなってます。
    せっかくだから、マウントアダプタでも買って、古いレンズをデジタル一眼で
    遊ぶのも楽しいかもなぁ。


    エレフォト OM-フォーサーズ マウントアダプタ

    なお、いつものように他の作例を下のページに置いてありますので、
    よろしかったらご覧ください。
    http://homepage1.nifty.com/macbs/photo_om2.htm

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/12/16 8:06 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    どもども。

    目に見えるところで変えてあるんですね。
    LXも先幕のパターンは全面均一についています。私の予想ではLXを自動露出で
    使う場合の露出測定用感度分布は、マニュアル測光時ほど中央重点ではなく、
    もう少し平均測光寄りになるのではないかと思います。

    OM-2や2Nでもそう言う傾向なんでしょうか? 受光素子はミラーボックスの底部だったか横だったか忘れてしまいましたが、先幕のパターンを偏らせると、
    自動露出中の感度分布も偏ってしまうのかなと、考えています。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    LXもダイレクト測光なんですね。
    OM-2とは微妙に手法が違うようですけれど。

    OM-2は中央がやや白くなっていて、周辺は黒が多い感じです。
    2Nは全くのランダムになっています。

    それで、初代2は1/60以上では幕で測光するので
    中央重点測光になり、それ以下ではフィルム面なので
    平均測光になる仕掛けらしいです。

    2Nのほうは測光素子をやや内側向けにして、そもそも
    中央重点測光寄りにしてあるんだとか。
    見比べてみましたが、さすがにそれは良くわかりませんでした。

    ちなみに、受光素子はミラーボックスの底部前側に付いてます。

    幕のパターンがずれると、かなり誤差があるでしょうね。
    あと、フィルムの反射係数も結構差があるそうです。
    ネガではどちらも問題ないレベルだそうですけど。

  • shigechan Says:

    了解です、コメントバック有り難うございました。

    当然フィルム面の反射率は測光に影響すると思いましたが、私自身はマニュアル
    撮影がほとんどでしたので、実際にそれを気にしながら撮影した事はありません。
    自動露出でスローシャッターの時に、反射率の高い(低感度のフィルム)だと
    ちょっと中央重点度が上がり、反射率の低い(高感度のフィルム)ではちょっと
    平均測光寄りになるんだろうと判断しています。

    ずっと前は、OM-2(2N?)の先幕のパターンが出てくるTVCMが流されていて、
    興味深く見ていた憶えがあります。機構技術の生い立ちや機能を知るのは、
    参考になりますね。オタク心をくすぐられます。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    ダイレクト測光は色々ややこしく、誤差につながるものは
    シャッタースピードやフィルムなど、色々あるようですね。
    ただ、OM-2の場合、ダイレクト測光はSPD、マニュアルのほうは
    CdSなので、ちょっとオマケ的な印象があります。

    OM-2はせっかくなのでAUTO主体でしたから、
    次は…。(^^;

    ちなみに、私のPCとMacの壁紙はOM-2です。
    見ていて飽きないデザインだと思います。
    さすがに、会社では、よそのメーカーの製品を
    表示しておくわけにはいきませんけれど。(笑)