• 0510月

    MINOLTAの銀塩一眼レフ「XG-E」の試し撮り分がやっとできたので、
    スキャンしてみました。

    ミノルタは、これまでもX-7、X-700、α7000と、ことごとく不良があって
    まともに撮影ができなかったんですよねぇ。
    今回は最初の頃に買ったSR-T101に付いてたレンズを使っての
    撮影となりました。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 66 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    かなり暗くなっていたんですが、レンズがF1.7と、そこそこ明るかったので
    なんとか撮れたようです。
    露出計の精度もなかなか高くて、かなり暗くても平気みたいですね。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 88 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    ここも見かけよりは暗かったんですけど、光と影の陰影が美しく撮れてる
    ように思います。
    モノクロフィルムが似合いそうなカメラのような気がします。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 55 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    それもこういう和風な雰囲気に合った発色です。
    コントラストが高すぎず、柔らかなトーンで表現する方向性だからでしょうか。
    MD ROKKORだと、また少し違った感じになるのかな?

    残りの作例も、以下のページに結構貼っておいたので、良かったどうぞ。
    http://homepage1.nifty.com/macbs/photo_xge.htm

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/10/05 11:15 pm | MINOLTA XG-E、現像上がり はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.