• 265月

    光線漏れが気になっていたキエフ4ですが、ネガが上がってくると
    その心配は全くありませんでした。

    パーマセルテープ代わりのビニールテープで、弱点であるフィルム蓋
    周りをしっかりガードしておいたのが良かったのかもしれません。

    実画像サイズ 640 x 401 ( 65 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    そして、写りのほうも、なかなかびっくりです。
    今回からコニカミノルタの業務用フィルムを使い始めたのですが、
    基本的にはセンチュリアでしょうから、あっさり目の色合いになる
    はずですが、それが程良い色具合になってくれています。

    実画像サイズ 640 x 391 ( 47 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    露出計も基本的には単体露出計を使いましたが、本体付属の
    セレン光電池も、感度を大幅にずらしてあげれば、なかなかの
    精度で測ってくれました。

    実画像サイズ 415 x 640 ( 50 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    レンズの描写も開放近くでも非常に良い感じです。
    基本的にはゾナーのコピーですから、性能は良いのでしょうね。

    ジュピター8M、侮りがたし、です。
    今度はNikon S2にも付けて撮ってみようかな。


    ロシア製 キエフII + ジュピター8M 50mm F2《中古カメラ》

    本体も使い勝手が良かったですし、また次のフィルムを入れてみたく
    なるカメラでした。

    ただ、唯一の欠点はフィルムカウンターが、ふとした拍子で勝手に
    動いてしまうことです。
    そのせいで、24枚撮ったつもりが、19枚ほどしか撮っていませんでした。

    もちろん、巻き上がらなくなるまで撮れば良いのですが、以前、FEDで
    それをやって、フィルムがちぎれた苦い経験があるので、ちょっと
    恐いんですよねぇ。(^^;

    なお、他の作例も少しだけですが、下のページに置いてありますので
    よろしければご覧ください。
    http://homepage1.nifty.com/macbs/photo_kiev4.htm

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2007/05/26 7:49 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • Agas Says:

    旧ソ物は当たりを引けば普通に写りますよね~
    ハズレの場合はエラい事になるんですが(笑)

    >フィルムカウンター
    ウチのスメナも新品時からブチ壊れております。
    裏蓋に紙を貼って正の字でチェックしながら撮ってました(笑)
    ただ、スメナの場合はフィルムを千切る前に
    巻き上げが壊れそうなんですけどね^_^;

  • MacBS Says:

    Agasさん、コメントありがとうございます。

    見た目は立派なものですが、写りはそれなりかなぁと
    思っていたら、予想以上の出来だったので、結構気に入ってます。

    基本的に、レンズは優秀なものが多いですよね。
    特にアーセナルは良い気がします。
    逆にFEDは本体ともどもイマイチかも。

    フィルムカウンター、別に壊れているわけではないんです。
    手動リセット式で、巻き上げとともにちゃんと1枚分
    進んでくれるんですが、ここがちょっとした拍子に
    指やストラップに触れて回ってしまうんです。

    今度からは「正の字」が良いかも。(笑)
    まぁ、次回は切れるのを覚悟で回しきってみたいと
    思います。