• 2510月

    室内や夕暮れの撮影など、使いたくないものの、感度をISO1600に
    しなくてはいけないことが、たまにあります。

    D70だと、ISO800くらいまでなら、ノイズも味なんですが、さすがに
    ISO1600は、お世辞にもノイズが目立たないとは言えません。

    Photoshopの現像時も色や輝度ノイズを抑える設定はできますが、
    効果はそれほど大きくはありません。

    そこで、以前、DMC-FZ1の時に試したことのあった「Neat Image」を
    また試してみることにしました。

    neatimg.jpg左の画像は、ISO1600で
    撮影した、イルカくんの頭の部分を
    ピクセル等倍で切り出したものです。

    上がRAW現像したのみの画像、
    下がNeat Imageで処理したものです。

    もはや効果は一目瞭然ですね。
    ノイズは、しっかり減っていますし、
    細部の質感は、ほとんど失われてません。
    いやはや、さすがですね。

    使い方も簡単で、Neat Image本体をインストールして、同サイトで配布されている
    Nikon D70のRAW用のプロファイルを適用するだけ。
    もちろん、凝った設定をすれば、効果の度合いを調整したりもできます。

    なお、バージョンは少し低いですが、Mac版も用意されています。

    非商用であればフリーで使えますし、他のデジカメのプロファイルも多数用意
    されてますので、感度を上げて撮った写真をお持ちの方は、ぜひ試して
    みられては、いかがでしょうか?

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2005/10/25 11:15 pm | ISO1600画像をNeat Imageで はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.