• 226月

    Panasonicのプレミアム一眼「DMC-L1」発表を受けたかのように、
    オリンパスからE-300とE-330のファームウェアのアップデートが公開されました。

    B000EBML9I OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-330 レンズキット
    オリンパス 2006-02-25

    by G-Tools

    E-300用が1.4、E-330用が1.2にバージョンアップしていて、近接撮影時や
    スポット測光時の露出精度が向上するとのこと。

    ちなみに、アップデートは「OLYMPUS Master」から実施します。
    本体をストレージモードでUSB接続しておく必要があるので、バッテリーの
    残量に気をつけてアップデートされるよう、気をつけたほうが良いと思います。

    また、E-330のほうはBモードでAFが可能になっています。これで機能的には
    Panasonicにかなり近づいたと言えるでしょう。

    方式としては、測距の時だけ一時的にAモードにすることでAFを実現してる
    そうです。
    ハードウェアに変更ができない範囲では、かなり頑張ってくれてるんでは
    ないでしょうか。

    むしろ、Panasonicの場合、レリーズ後にAF動作が走るので、予期せぬ場所に
    ピントが合う、という結果になることがあるんじゃないかという気がします。

    なにはともあれ、紗羅が使ってるE-300も恩恵に預かれて、嬉しい限りです。

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2006/06/22 3:51 pm | E-300・E-330、ファームウェアアップデート はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.