• 154月

    SONYから「DSC-T11」というスリムなデジカメが。
    人気機種「DSC-T1」の姉妹機になるみたいですね。

    「カール ツァイス」を名乗るもF3.5~と暗いレンズ、
    三脚穴がない、光学ファインダがないと、カメラ好きには不評だったT1に、
    さらに「レンズカバーがない」という不評ポイントが増加。

    「拡大鏡モード」で被写体に最短約1cmまで近づけるっていっても、
    ワイド端限定では、カメラ本体の影が写ってしまって、
    実用性はあまりないというのも意外に気づかないんですよね。

    個人的にはレンズが暗いこと以外は「まぁ許せるかな」というところだったんですが、
    さすがにレンズカバーがないのは、ちょっとつらいですね。
    せっかく薄くてもレンズカバーがないと、気軽にポケットやバッグの中に入れられないですものね。

    デザインもイマイチだし、T1ほどは売れない気がしますです。
    http://www.sony.jp/products/Consumer/DSC/DSC-T11/index.html

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2004/04/15 2:41 pm | DSC-T11 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.