• 064月

    Panasonicのデジタル一眼レフ「DMC-L1」のファームウェアが2.0にアップデート
    したんだそうで。
    http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/04/05/6007.html

    ちなみに、主な変更内容は以下の通りとのこと。

    ・多重露出機能の搭載
    ・手ブレ補正に[MODE3](流し撮りモード)を追加
    ・ローアングルで液晶画面が見やすい「ローアングルモード」搭載
    ・絞りリング非搭載レンズ装着時の絞り設定方法を改善
    ・ホワイトバランス、色温度、ISO感度、ストロボなどの設定方法の改善
    ・オートレビューに時間制限なしの設定を追加
    ・再生ズーム時、そのまま前後の画像送り/戻しをできる機能を追加
    ・絞り優先AE、シャッター優先AE時に、ISO AUTOを追加
    ・ファームウェアのバージョン情報確認機能を追加
    ・AE、AWBの性能向上

    うーん、2.0って言ってますけど、正直、これが1.0正式版って感じのような印象を
    受けてしまいます。
    発売当初はかなり話題になりましたけど、完成度の低さを感じざるを得ない出来
    でしたからねぇ。

    レンズ単体での発売も始まりましたし、とりわけ本体側は危うい立場にあるので
    「てこ入れ」といったところなのでしょうか。
    まぁ、そのレンズも、個人的にはあまり良い印象を持っていませんけれど。(^^;

    ただ、中古などでは結構お値段もこなれてきてますから、あの独特な感覚が
    気になる方は、とりあえず触ってみるのがよろしいかと思います。

    Panasonic LUMIX DMC-L1K《中古カメラ》

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2007/04/06 1:24 pm | DMC-L1、ファームウェアアップデート はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.