• 1210月

    最近、各社から発表されているCCDの不良問題ですが、RICOHからも
    発表がありました。
    http://www.ricoh.co.jp/dc/info/ccd/

    症状は、CCDに起因して、撮影時に「液晶表示部に画像が出ない、
    画面が乱れる、撮影できない」といった症状が発生することがある、というのもの。

    対象機種は、以下の通りだそうです。

    ・Caplio RR30
    ・Caplio 300G
    ・Caplio G3/G3 model M/G3 model S/ProG3
    ・Caplio G4/G4 wide
    ・Caplio 400G wide(F)
    ・Caplio RX

    見事に、うちのCaplio G4も仲間に入ってますよ。(^^;
    DSC-U10に続き、うちで2台目の対象機種です。

    これって、おそらく、今回発表した各社は、SONYのCCDを使用していた、ってこと
    でしょうね?
    FUJIFILMはハニカムなので、ちょっぴり違う気もしたんですが、製造を委託してる
    のかもしれません。

    こうやって無償修理になることで掛かった費用は、結局どこが負担するのでしょう?
    SONYが負担するのだったら、某社のHDD問題の時のように、特別損失を計上
    するくらいの大問題になる可能性もありますよねぇ。

    どうもイマイチ、詳細な原因が見えないので、発生頻度とか、なんとも言えない
    ところなんですが、あまり大問題に発展しないと良いのですけど…。
    まぁ、メーカーを心配する前に、自分のデジカメの心配のほうが先ですけどね。(^^;

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2005/10/12 11:41 pm | CaplioもCCD不良対象 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.