• 2110月

    (10/21 22:10追記)
    Amazonで取り扱いが始まっていたので、更新して再掲しておきます。

    シティ情報ふくおかの別冊「旅するカメラ」の最新号にカメラ型のUSBメモリが付録で付いていたので、買ってきました。

    ただし、本には付録の説明はおろか紹介も見当たらず、外のビニール袋の中に同梱されてる状態でした。

    シールには特別付録と書かれていますし、急に付けることになって誌面の追記が間に合わなかったのかもしれません。
    ちなみに本誌自体も今号についてはWeb上に情報が全くないんですけどねぇ。
    (10/21 22:10追記)
    Amazonではようやく取り扱いが始まっていて、USBメモリが付録に付いてくることも明記されているようです。
    これで遠方の方も購入可能ですね。

    USBメモリは全体がゴムっぽい材質でできていて、結構大柄です。
    カメラのグリップ部分が取れて、USB端子が出てくる感じですね。
    本体には16Megapixelsとか書いてありますが、当然カメラ機能はありません。
    肝心のメモリ容量ですが、これまた記載がないんですが、Macにつないでみたところ、2GBでした。

    本体内にはアクセスランプも入っていて、背面でいうと虫眼鏡のアイコンがある辺りが光ります。
    プラスティック製のケースには簡単な説明書が入っていますが、そこにフィールテックという会社の名前があったので、おそらくアプライドからの提供なのではないかと思われます。
    ちなみにお値段は880円(前号は500円)ですから、すっかり安くなったUSBメモリとしては妥当なところですが、レアさを考えれば良いかも。
    色は私が店頭で見たところでは白とピンクがあるようです。
    地方誌なのでゲットできるエリアは限定されるかもしれませんが、お近くの方は書店で探してみてはいかがでしょうか。

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2012/10/21 10:10 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • straysheep Says:

    モデルになったカメラは「EOS Kiss」シリーズっぽい感じですねぇ。背面のセレクトボタン周りの感じからですが...w

    リンク先みましたがこの号はまだ通販ベースに載ってないのかなぁ、4月発売の号しか見られませんでした。通販だと全国からOKなのかな? ちょっとチェックして見てようかと思います。

  • MacBS Says:

    straysheepさん、コメントありがとうございます。

    以前、別の別冊に家型のUSBメモリが付いたこともあるようです。
    Amazonでも過去の号は販売されてるので、しばらくしたら取り扱いが始まるかもしれません。

  • とめ Says:

    カメラ好きをくすぐる形ですね。
    地方紙でも北の町では買えないかな。(北海道)

  • MacBS Says:

    とめさん、コメントありがとうございます。

    中身のメモリがmicroSDだったりしないかなぁ、なんて思ったんですが、どうも分解はできないようです。
    ご購入はAmazon経由で可能になるかもしれません。
    その時はリンクを更新して、また紹介しますね。