4 Responses

WP_Lime_Slice
  • Agas Says:

    まさに今、同じ問題に直面しております^_^;
    ウチは中判を諦めてCOOLSCAN5000EDにしたんですが
    やっぱ無理してでも8000EDを買っておけば良かった…
    とか思いつつ、改めて値段を見ると普通に買えません(笑)

    と言った感じで、CanonScan9900Fで中判ネガを読んでます。
    けど、色は狂いまくりだし、グダグダな画質だし…
    ホントに、一応読めると言ったレベルでしかございませんよ、とほほ。

  • MacBS Says:

    Agasさん、コメントありがとうございます。

    8000EDはさすがに高すぎますよねぇ。
    平面性の確保などが難しいから、ブローニーは
    サポートされないんでしょうかね?

    CanonScan9900Fなら、まだまだだいぶ「マシ」だと思いますよ。
    色に関しては、トーンカーブでRGBごとに調整すると
    かなり補正できますよ。
    ちなみに、スキャナの色補正はOffにしたほうが良いです。

    プロラボなどでスキャンしてくれるサービスもあるようですが、
    1枚あたり300円とかで、高すぎますしねぇ。
    それだけ高いと、プリントしたものをスキャンしたほうが
    良いかもしれません。

  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    そう言えば、大昔の話ですが、新宿のヨドバシカメラがまだカメラしか売っていない頃は、35mmフィルムのパトローネ?が、山積みになって、自由に持っていける状態になっていたのを思い出しました。確か、そのそばには、ブローニー判のスプールも自由に持っていけるようになっていたような気がします。

    考えてみると、あの頃、カメラをやっていた人は、今より充実感があったのかなあなんて思っています。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    ヨドバシとかだと、昔はそうだったかもしれませんね。
    ジャンクカメラなんかも、タダみたいな値段で
    ワゴンいっぱいに入っていたりしましたものね。

    ただ、半年前くらいと比べれば、中古カメラの市場も
    少し盛り返してるように思います。
    特に、レンズが安定した相場になってますね。

    先日も書きましたが、昔のレンズのほうがいろんな「素材」が
    使えただけに、今でも十分通用することが
    だんだんと理解されてきたんだろうと思います。