• 0910月

    Leotax先日、小田原の中心街を
    歩いていたら、カメラやさんが
    あったので、ちらっと覗いてみました。

    正直、あまり期待はしてなかったんですが、
    ショーウィンドーをみると、なかなか「通」な
    カメラたちがずらりと。

    写真は、ライカ型のコピーとして有名らしい「Leotax」のカメラに、Canonの
    50mmレンズが付いた中古カメラ。
    状態もかなり良いもので、お値段も60000円と、かなりのものでした。

    ほかにも、実物は初めて見るハッセルブラッドとか、ライカも記念モデルをはじめ、
    ゴロゴロと。

    487099982X ハッセルブラッドの時間
    藤田 一咲
    〓出版社 2003-11

    by G-Tools

    ハーフカメラのオリンパスPENなんかもあったりで、さながらカメラ博物館の
    ようでした。

    4777903664 時を超えるカメラ
    MazKen
    エイ出版社 2005-07-08

    by G-Tools

    こういう味のある銀塩をデジタル時代に復活させる手だてがあると、
    良いんですけどね。

    すっかりデジカメに移行してしまって、フィルム&現像代が、もったいなく感じる
    身になってしまってるものですから…。(^^;

    フィルムの形をしたデジタルモジュールとか出たら、マニア受けするかも?
    機構的に実現は無理そうですけどね。

    関連エントリー:

    Filed under: Photo
    2005/10/09 12:17 am | カメラ博物館!? はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.