• 162月

    懲りずにまた万年筆を2本も買い足してしまいました。
    といっても、今回はダイソーですけど。

    ダイソーの万年筆

    左がプラチナ万年筆のRiviereというもので、右はいかにもダイソーという雰囲気を醸し出している百均万年筆です。
    当然本命はプラチナのほうだったんですが、実際に使ってみると右のほう(以下、ダイソー万年筆)が良い感じでビックリです。

    image

    元々付いているブルーブラックのインクカートリッジはかなり青くて粘度も低いようで、Mと言いながらも太字過ぎだし、ちょっとインクが出過ぎの感がありました。
    そこでちょっと勇気を出して、形状から見て互換のありそうなモンブランのインクカートリッジに交換してみたところ、これが大正解!
    まだまだ太字気味ではありますが、インクの具合はかなり良くなって、実用レベルになりました。

    image

    ネットで見てみますと、かなり個体差があるようで、ペン先が曲がっていたり、ニブに段差があったりするものもかなり多いらしいです。
    私のもニブの間隔はちょっと広かったので、そこはちょっとだけ調整しました。
    それでも私のはアタリだったのかもしれませんから、あまり積極的に推すことはできかねますけれども…。

    image

    一方、プラチナのほうは、正直あまりオススメできるポイントがありません。
    100円(税抜)でブランドメーカーの万年筆が買えるだけでも凄いことではありますが、最初インクが出づらかったり、かすれが目立ったりと、もう少し出してそれなりのものを買ったほうが…とも思ってしまいます。

    ダイソー万年筆だって同じことが言えるわけですけど、こっちは最初から期待してない(爆)ですからね。
    それに、大して価格差がないほどのモンブランのインクカートリッジを入れちゃう無謀なことができるチャレンジャーさんや玄人向けのお遊びにおススメはできるかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Pen
    2016/02/16 7:00 pm | ダイソーの万年筆 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.