• 267月

    Windows正規版認証プログラム「WGA」(Windows Genuine Advantage)を
    27日から正式運用開始するんだそうで。
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0726/ms.htm

    正式運用以降は、Windows Updateやダウンロードセンターで提供される
    更新プログラムをダウンロードする際に認証が必要で、偽造OSでは
    ダウンロードできないようにするんだとか。

    もちろん、不正利用は良くないわけですけど、この認証ってのは、
    どうなんでしょうかねぇ。

    というのも、アクティベーションが通常不要なメーカー製PCだと、このWGAで
    OSのプロダクトIDを入力する必要が出てくるんですけど、これって筐体の横とか
    後ろに貼ってあるんですよねぇ。

    うちのemachinesは後ろでして、先日、試用期間の認証の際に入力を
    求められたんですけど、PCが動作してる状態では確認できないので、
    鏡で反射させておいて、デジカメでフラッシュ撮影、という技を使っちゃいました。

    偽造なら、動作に制限をするとかすべきで、セキュリティ更新がほとんどな
    アップデートのほうは、ワーム蔓延などの被害を避ける意味でも、配布すべき
    ではないのかなぁ。

    ちなみに、偽造Windowsを購入させられちゃった、という方には「救済策」が
    準備されていて、偽造ソフトの購入報告書、購入証明書、CD-ROMを
    提出すると、審査の後、正規OSが無償提供されるそうです。

    なお、WGAプログラムに登録すると良いこともちょっぴりあって、スライドショー
    作成ソフト「Photo Story 3」が無償提供されたりします。
    このソフト、機能はやや弱いものの、「LiFE* with PhotoCinema」のような
    フォトムービーが作成できて、なかなか優れものです。

    関連エントリー:

    Filed under: PC
    2005/07/26 6:06 pm | WGA、正式運用へ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.