• 305月

    久々に家電量販店「デオデオ」をウロウロしてきました。

    で、何気にパソコン売り場を見て歩いていると、
    黒くてデッカイ画面で、人を集めている機種が。
    見てみると、SONYの「VAIO type V」20型ワイド液晶モデルでした。
    http://www.vaio.sony.co.jp/Products/VGC-V201/

    デザインもなかなかですし、画質も綺麗。
    なんでも、高画質回路「Motion Reality」というのを搭載してるんだとか。
    パソコン初心者(だけど、お金は持っていそうな)おじさん世代の方々が
    皆さん、熱心にご覧になっておられました。

    一体型ということもあって、「パソコン!」という威圧感も少ないですし、
    26万円程度という実売価格も、同サイズの液晶テレビが
    10万円程度することや、DVDレコーダーにもなることを考慮すれば、
    お安く感じるのかもしれませんね。

    とはいえ、良く良く考えてみると、それなりに欠点もあるようで。
    まず、一体型ということで、拡張性はかなり少ないです。
    CPUがCeleronの2.50GHzというのも、動画編集などの用途ではやや欠点。
    さらに、20型ワイド画面の割には、最高解像度が1280×768ドット。
    まぁ、そういう観点で見る人をターゲットにしたマシンではないんでしょうけどね。

    サブのテレビ+録画がメインで、ちょっとしたWebサーフィンもするといった
    感じの方に向いていると思います。

    関連エントリー:

    Filed under: PC
    2004/05/30 11:14 pm | VAIO type Vは人気モデル? はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.