• 0411月

    ローランドから、真空管アンプ・シミュレーターを搭載したUSBオーディオ
    UA-4FX」を発表されたようで。
    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20051104/roland.htm

    この製品を見つけた時、最初は本物の真空管アンプで作られてるのかと
    思ったら、シミュレーターなんですね。

    真空管というと、「暖かい音」というイメージが強いようで、おそらくこの製品も
    そうした「色づけ」をするみたいですけど、本来、真空管というのは理想に近い
    増幅素子なんです。
    ノイズが多い点を除けば、歪みも少ないですし、リニアリティも高いですからね。

    この製品のシミュレートというのは、おそらく真空管らしくするのに、偶数次の
    高調波歪み(倍音成分)を増やしたり、高域を落としたり、ダンピングファクターを
    小さくしたりしてるんでしょうねぇ。

    面白い試みだとは思うのですが、実際に聴いて効果を確かめたい気がします。
    MP3のように高域が伸びてない音源では、有効な気もしますし。

    ちなみに、12月中旬発売で、Macにも対応してるそうです。

    関連エントリー:

    Filed under: PC
    2005/11/04 11:30 pm | UA-4FX はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.