• 145月

    これまでずっと使ってきたBUFFALOの無線LANルーター「WHR-G54S/P」ですが、DNSが急に使えなくなったり、変な速度低下をするようになってきたので、慌ててNECのルーター「Aterm WR8170N」のHPモデルを導入しました。

    BUFFALOは2006年くらいに導入したようですから、6年間よく動いてくれました。
    同じBUFFALOの新しいモデルにしようかなぁとも思ったのですが、評判がイマイチっぽいのと、WR8170Nが近所のお店で安くなってたのを知ってたので、こっちにしました。

    WR8170Nのほうは設定はかなり簡単でした。
    ただ、いつものようにかんたん設定などは一切使わず、自分で全て設定したので、あまり他の方の参考にはならないかも。
    動作はさすがに軽快で、有線も無線LANも通信速度も速くなりましたし、レスポンスも良いので、タイムラグが減ったのが良い感じです。

    なお、HPモデルということで別の部屋での電波強度も改善されるかなぁと思いましたが、そちらのほうはそれほどでもなく、これまでと同じような感じです。
    ただ、スピード自体はそもそも802.11gにしか対応してなかったわけで、802.11n対応のWR8170Nとは大違いです。

    それ以外にもこの機種には簡易NAS機能があって、これも近々試してみたいところです。
    ただ、バスパワーHDDに対応してなかったり、フォーマットがFAT/FAT32でないとダメらしく、手持ちのではそれに該当するのがないんですよねぇ。
    USBメモリでもOKですから、まずはそのあたりから試してみようかと思っています。

    関連エントリー:

    Filed under: PC
    2012/05/14 7:00 pm | Aterm WR8170N、導入 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.