• 1712月

    前回、絞り連動レバーが高速側でひっかかるという現象があって、
    残念ながら返品することになってしまったOLYMPUSの一眼レフ
    「OM-1」ですが、再びゲットすることができました。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 69 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 1600 / 0.0
    露出時間/絞り 1/50 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    今回もプリズム腐食はなく、露出計の精度も問題ないようです。
    もちろん、絞り連動レバーも問題ありません。
    あとは実写して確認するだけです。

    OM-2とは違い、露出計を見て自分で露出を決めますから、その分、
    写真1枚にかける気持ちみたいなものが違ってくるでしょうね。

    これでオリンパスの一眼レフは3台になりましたが、どうやら一通り
    体感した中で、私にはオリンパスの一眼レフが銀塩では相性が良い
    気がします。

    「どのあたりが?」と言われると難しいのですが、シャッターのフィーリングと
    本体のサイズ、レンズのボケの描写のバランスでしょうか。
    もちろん、他の各社のカメラも、それぞれに違った魅力がありますけどね。

    関連エントリー:

    Filed under: OurCamera
    2006/12/17 9:09 pm | OLYMPUS OM-1、再び はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.