• 195月

    先日、レモン社のジャンク市で買ってきた、もう一台のカメラ。
    それがミノルタの「HI-MATIC F」です。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 60 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 1250 / 0.0
    露出時間/絞り 1/30 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    お値段はもちろん、超特価だったんですが、理由は電池が今は市販
    されていないHM-Nというものだから、動作未確認とのこと。

    あと、このカメラのすごいのは革ケースはもちろんのこと、外箱、
    さらには説明書や保証書(!)まで揃ってるところです。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 57 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 800 / 0.0
    露出時間/絞り 1/30 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    実画像サイズ 640 x 432 ( 58 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 360 / 0.0
    露出時間/絞り 1/30 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    いやぁ、これだけ大事にされていたのに、電池がないだけで
    使われなかったなんて、かわいそうですね。

    で、肝心の電池ですが、HM-NはLR44を2個重ねたのとほぼ同じ高さ
    ですから、ビニールテープで2本を巻き巻き。
    で、2本セットするはずの、もう片方にはアルミホイルを詰めるだけで
    動いちゃいました。

    ただ、バッテリーチェックボタンが外れて押し込まれたままの状態に
    なっていたので、ここは面倒なので、ボタンのプラスティック部品を
    取り除いてしまいました。

    モルトも補修しましたし、あとは撮影するのみですね。
    C35FDあたりとの比較が楽しみです。

    関連エントリー:

    Filed under: OurCamera
    2007/05/19 9:38 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    MacBSさん、こんにちわ

    古いカメラだと、現在は販売していない電池って結構ありますよね。その場合、私もLR44を基本として、太さが足りない場合はそれにボール紙等を太くしたり、長さが足りない場合はアルミホイルを足したりしています。「VARTA」みたく、多少電圧が違っていても、昔の形状の電池を出してくれれば一番いいのですが。

    それにしても、入手された「HI-MATIC F」、元箱+説明書+皮ケース付とはすごいですね。

    MacBSさんの情報により、私も昨日(5/19)、浅草の三社祭の神輿をかついでいるところの写真と生録音をした後、レモン社に行きましたが、私が好きな金属外装のレンズシャッター式カメラで残っていたのは500円の「キャノネット」だけだったので、収穫はありませんでした。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    私も電池については、色んな種類を在庫しておいて、
    それで適当に作って、同等にしてあげています。
    HM-Nなんかはわりと扱いやすいほうですよね。

    問題はカメラのほうが電圧に敏感な場合です。
    OM-1などは結構敏感で、露出が狂いやすい傾向があります。

    レモン社のジャンク、めぼしいカメラは私が全て
    買ってしまったかも。(笑)
    レンズやアクセサリー類も安かったかと思います。

    ある程度、定期的にやってるようなので、要チェック
    かもしれません。