• 2312月

    Canon A-1とともに、もう一台我が家にやってきたのはフジの
    ハーフサイズカメラ、しかもゼンマイ巻きの「フジカドライブ」です。

    実画像サイズ 640 x 432 ( 71 kB )
    Exif 情報
    モデル名 NIKON D70
    ISO 感度 / 露出補正値 1600 / 0.0
    露出時間/絞り 1/8 秒 / F 6.3
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    すでにフジカハーフを持っているんですが、これがお値段的に
    安かったのと、ゼンマイ巻きの機構を見てみたかったんですよね。(笑)

    ただ、お店で見た時はゼンマイを巻けば軽快にシャッターが切れて
    いたのですが、帰って調べると、たまにストッパーが効かないのか
    フィルムをどんどん送ってしまうことがありました。

    そこからが苦難の始まりでして、分解して調べるものの、なかなか
    その仕組みが理解できませんでした。
    結果的には、1枚分送った後に送り止めにロックを掛けるレバーが
    ゆるんでいて、ちゃんとロックが掛からないのが原因でした。

    で、そこは解決したのですが、問題はまだありました。
    露出計は動作しているものの、それがAE機構に反映されないのです。
    これもどうやら、それを処理する部分のレバーが歪んでいたのが
    原因のようです。

    これでとりあえず、それなりに動作しているっぽくはなりましたが、
    露出計の触れも可変抵抗で調整しても、まだ少なめ(露出オーバー気味)
    ですし、レンズの絞りも指示値よりも絞り足りない感じが…。

    さすがにもう疲れたので、これでフィルムを入れて撮り始めました。
    まぁ、ISO 100のネガなら、なんとか撮れるでしょう。(笑)

    コンパクトカメラは、一眼レフよりも機構が華奢で複雑なので、
    難しいですね。
    おまけにゼンマイまでほどけてしまった時には、どうしようかと思いました。

    でも、シャッターを押す度にゼンマイが小気味よくフィルムを巻き上げて
    くれる音を聞いてるだけでも幸せな気分になれるのは、ちょっとおかしい
    でしょうか?(^^;

    関連エントリー:

    Filed under: OurCamera
    2006/12/23 8:15 pm | FUJICA DRIVE はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.