• 0910月

    ONKYOは独自の音楽配信サービス「e-onkyo music store」っていうのを
    やってるわけですが、正直、楽曲の充実度などで、かなり厳しい状況
    だったのではないかと。

    そんな中、ユニバーサル・ミュージックと提携して、ジャズ、クラシックを中心に
    11月下旬から、3万曲以上を販売するんだそうで。

    今は1200曲ほどですから、ずいぶんな充実ぶりになりますね。
    ここのサービスはWMAといった通常の低品位の可逆圧縮フォーマット
    だけでなく、24bit、96kHzのWMA Losslessでも配信しているのが特徴。

    今回、増えることになる楽曲も、こうした高音質のものが増えてくれるのなら
    ちょっとうれしいところです。

    ただ、お値段のほうは未定で、均一価格ではないのだそうです。
    今が高音質ものだと、300~600円ほどなので、その値段だと、ちょっとねぇ。

    あと、CDへの書き込み制限が1回とか不可なんてのがあるのもねぇ。
    高音質が売りなら、たかがCD品質でのバックアップくらい、何回でも
    取れたって問題ないと思うのですが…。

    ちなみに、10/15まで、1曲購入すると、好きな2曲を無料でダウンロード
    出来ちゃう、という、なんとも太っ腹すぎる気がするキャンペーンが実施
    されています。
    http://music.e-onkyo.com/campaign/plusw_campaign.asp

    まぁ、このキャンペーンをうまく利用すれば、67%off以上で買えますからね。
    高音質データを試すにも良い機会かも。

    ただし、再生ハードウェアも24bit、96kHzに対応している必要があります。
    私が使ってるCreativeの「Audigy 2 NX」あたりがお手頃なほうかな?

    USB Sound Blaster Audigy 2 NX [USBAGY2N]

    PCIで良ければ、ONKYOの「SE-90PCI」あたりも対応しています。

    ONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード SE-90PCI ONKYO WAVIO PCIデジタルオーディオボード SE-90PCI

    by G-Tools

    関連エントリー:

    Filed under: Music
    2006/10/09 4:26 pm | ONKYO、ユニバーサルと音楽配信で提携 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.