• 202月

    Norah Jonesのバンド「The Little Willies」が知らない間にアルバム「For The Good Times」をリリースしていたので、今さらながらご紹介してみます。

    前作はもう2006年のデビュー作ですから、ずいぶん間があきました。
    今回もカントリー色が強いですが、音楽を楽しんでる感じはやっぱりしっかりあります。
    オーディオを復活させたこともあって、また聴く気分が盛り上がった部分もありますけどね。

    その前には「Willie Nelson and Wynton Marsalis featuring Norah Jones」で
    「Here We Go Again: Celebrating the Genius of Ray Charles」も出してるんですね。
    いかに最近、未チェックだったかという…。
    こちらはどうやら録音も良いらしいので、音質的にも期待です。
    ちなみに「For The Good Times」もなかなかの好録音でありました。

    そして待望のオリジナルニューアルバムの発売が近いこともわかりました。
    「Little Broken Hearts」というタイトルで春に発売とか。
    オリジナル曲が中心で、Norahはピアノ、キーボード、ギターを担当し、プロデューサーのデンジャー・マウスがドラム、ベース、キーボード、ストリングスアレンジをやったんだとか。

    ほんとはハイレゾ音源があればベストなんですけど、これがないんですよねぇ。
    デビュー作はかろうじてSACDがありますが…。
    古いものは難しいかもしれませんが、新しいアルバムあたりからぜひ検討してほしいものです。

    関連エントリー:

    Filed under: Music
    2012/02/20 9:00 am | For The Good Times はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.