• 184月

    中心街がちょっと模様替えされたので出かけたついでに、タワーレコードに立ち寄ってきました。

    th_DSC04871_LR5

    クラシックのコーナーがなかなかマニアックで眺めるだけでも楽しいんですが、今回ゲットしたのはカルロス・クライバーの「田園」とルービンシュタインのショパン全集です。

    クライバーというとベートーヴェンの運命や第7番などがハイレゾ配信もされたりして有名ですが、田園は珍しいかと。
    同じ売場に第7番はSACDハイブリッドで売っていてちょっと迷いましたが、すでにハイレゾで持っていますし、田園は珍しいからこちらにしてみました。
    なんだかこっそり観客席から盗み録りしたような感じの録音で、観客の咳払いが大きく入ってる箇所があったりしますが、なかなか貴重な音源です。

    ルービンシュタインのほうは輸入盤で、なんといってもお値段が安いのが魅力。
    10枚組で2000円台で手に入るのですから、手持ちのCDやレコードと少し被っていても良いかなと。
    他にもグールドのバッハとかピリスのオムニバスがありました。

    あと、購入はしなかったんですけど、アナログレコードも結構充実していてビックリ。
    翌日からはキャンペーンが開催されて、さらに増量されてたらしく、その時だったら買ったかもなぁ。
    私が行った時点で価格的に魅力だったのはNorah JonesのLittle Broken Heartsくらいだったでしょうか。
    今後は新譜でも置いてくれそうな雰囲気がしましたから、ちょくちょく寄ってみたほうが良いかなと思ってるところです。

    関連エントリー:

    Filed under: Music
    2015/04/18 7:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • matsumo Says:

    NacBSさん、こんにちは

    田園はオーケストラに保管してある筈の実況録音テープを使わずに、指揮者の息子が持っていた実況録音テープから作成したカセットテープを使ってCD化したことで、有名なものですね。

    おそらく、実況録音テープの保管状態が悪くて、劣化してしまったのだと思います。

  • MacBS Says:

    matsumoさん、コメントありがとうございます。

    CDのジャケットにADDの表記がありましたが、カセットテープからですか。
    低域がちょっと少なめでしたが、それなりに聴ける感じにはなっていましたよ。
    演奏自体もかなり特色あるもので、普段耳慣れた「田園」とはちょっと違う情景が広がる雰囲気でした。