• 1810月

    紗羅の自演シリーズ、今回はショパンの「華麗なるワルツ イ短調
    Op.34-2」です。

    ややマイナーな選曲ですが、先日、ベヒシュタインで試鍵した曲
    なので、私がリクエストしたのであります。


    ベヒシュタイン A3(ウォルナット艶消し)

    上の演奏は、いつものようにKORGの電子ピアノで弾いたものを
    MIDI経由でGarageBandでミックスダウンしたものですから、
    ベヒシュタインとは比べものになりませんけどねぇ。

    福岡で試鍵できるところがあるみたいなので、今度行ってみたいなぁとは
    思っています。

    ちなみに、全曲聴きたくなった方には、アシュケナージの演奏が
    オススメです。

    B00009P1P1 Chopin: Favorite Piano Works
    Frederic Chopin Vladimir Ashkenazy
    Decca 2003-06-10

    by G-Tools

    紗羅は次に何を録音しようか、悩んでいるようです。
    さっきも練習していましたが、どうも私が寝静まってからでないと
    集中して弾けない模様です。(笑)

    関連エントリー:

    Filed under: Music
    2008/10/18 9:40 pm | 華麗なるワルツ イ短調 Op.34-2 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.