• 1712月

    さだまさしさんの初期作品やグレープ時代のアルバムが2016リマスターとして、ハイレゾ音源やUHQCDなどでリリースされたようで。
    なお、リリースされたのは以下の作品です。

    風見鶏
    私花集
    帰去来
    グレープ・ライブ 三年坂 完全盤
    コミュニケーション
    せせらぎ
    わすれもの

    私は全部LPで持ってるから…と思いましたが、お気に入りの「三年坂」は未発表音源が4曲追加になって(その前にCDでは出てるようですが)います。
    ハイレゾはe-onkyoVICTOR STUDIOなどで配信されてますが、お値段がさほど違わないし、三年坂は2枚組でCDのほうが高いという逆転現象になってますからお得感もあるかな。
    個人的には随想録こそCDで再発されるべきかと思いますが、これもまぁLPで持ってますし…。

    そんな、さださんは相変わらず精力的で、いつの間にか、永六輔さんとのことを綴った本も出していますし、「小説幻冬」で小説「銀河食堂の夜」の連載も開始していたり、BOSSのCM曲、年末年始恒例の「生さだ」も続いてます。
    最近はこっちのほうが夜まで観てられなくて「生さだ」はご無沙汰してますが、年末年始くらいは観てみるのも良いかもしれないな、と思ってるところです。
    眠くなった時の対象方法もすでに手を打ってありますしね。

    関連エントリー:

    Filed under: Music
    2016/12/17 12:00 pm | さだまさし・グレープの2016リマスター はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.