• 166月

    FinePix S100FS」は、みんぽすさんからの借用品です。

    前回は植物園でしたが、今度は高幡不動に場所を移しての
    撮影です。

    実画像サイズ 485 x 640 ( 108 kB )
    Exif 情報
    モデル名 FinePix S100FS
    ISO 感度 / 露出補正値 100 / 0.0
    露出時間/絞り 1/340 秒 / F 4.0
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 7.1 mm (データなし)
    全 Exif 情報表示…


    フィルムシミュレーションも前回のPROVIAから、今回はVelviaで
    通してみました。

    かなりハイコントラストで高彩度になりますね。
    自分で設定をカスタマイズして、新しい自分なりのフィルムを
    設定できても良かったのかなぁと感じました。

    (6/17 12:26修正)
    ---
    もしくは、フィルムシミュレーションでブラケット撮影とか。
    まぁ、そこまでこだわる方はRAWで撮る、ということかもしれませんが。
    フィルムシミュレーションブラケットはモードダイヤルから可能でした。
    「FSB」というのが、それです。早速、試してみたいと思っています。
    ---

    実画像サイズ 640 x 485 ( 64 kB )
    Exif 情報
    モデル名 FinePix S100FS
    ISO 感度 / 露出補正値 400 / 0.0
    露出時間/絞り 1/160 秒 / F 4.3
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 42.0 mm (データなし)
    全 Exif 情報表示…


    中望遠域を使うと、結構ボケ味を生かしつつ、比較的近距離の
    撮影ができます。
    今回もスーパーマクロは試しましたが、やはり広角過ぎるのと、
    ワーキングディスタンスが短すぎて厳しかったです。

    実画像サイズ 485 x 640 ( 72 kB )
    Exif 情報
    モデル名 FinePix S100FS
    ISO 感度 / 露出補正値 400 / 0.0
    露出時間/絞り 1/240 秒 / F 5.0
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 85.0 mm (データなし)
    全 Exif 情報表示…


    さらに望遠を使うと、圧縮効果と程良い被写界深度も出てきます。
    ある意味、フォーサーズに近いイメージですね。

    ちなみに、本体のズームリングには35mm換算の焦点距離が
    記載されています。
    これは感覚的に非常に便利です。

    でも、EXIF情報には35mm換算距離が記録されてないみたい
    なんですよねぇ。
    ここはぜひ改善してほしいなぁと感じました。

    だいぶ扱い方も慣れてきたので、街にも持ちだしてみたい
    ですね。
    通勤カバンにもなんとか入りそうですから、近いうちに持ち歩いて
    みようと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Mono Fellows
    2008/06/16 8:32 pm | FinePix S100FS@高幡不動 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.