• 196月

    -----
    このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲーム
    レビューサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。

    本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。
    レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく
    完全に中立な立場で書いています。
    (唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)

    商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
    -----

    FinePix S100FS」は、みんぽすさんからの借用品です。

    私も最初は気付かなかった「フィルムシミュレーションブラケッティング」
    略してFSBをモードダイヤルで設定して撮ってみました。

    まず、PROVIAは、こんな感じ。

    実画像サイズ 485 x 640 ( 93 kB )
    Exif 情報
    モデル名 FinePix S100FS
    ISO 感度 / 露出補正値 200 / 0.0
    露出時間/絞り 1/550 秒 / F 7.1
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 35.2 mm (データなし)
    全 Exif 情報表示…


    これが、このカメラのデフォルトみたいな感じですね。
    ダイナミックレンジと発色のバランスも良くて、オールマイティに
    使える気がします。

    次がVelvia。

    実画像サイズ 485 x 640 ( 96 kB )
    Exif 情報
    モデル名 FinePix S100FS
    ISO 感度 / 露出補正値 200 / 0.0
    露出時間/絞り 1/550 秒 / F 7.1
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 35.2 mm (データなし)
    全 Exif 情報表示…


    このケースでは、それほど派手な色がなかったので、色飽和は
    見られませんが、赤や黄色などは飽和しやすかったです。

    いつでも使える、というわけではないので、ブラケットで撮る意味が
    一番あるのは、このVelviaが「使える」写真かどうか、という点かも。

    そして、最後はASTIA。

    実画像サイズ 485 x 640 ( 92 kB )
    Exif 情報
    モデル名 FinePix S100FS
    ISO 感度 / 露出補正値 200 / 0.0
    露出時間/絞り 1/550 秒 / F 7.1
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 35.2 mm (データなし)
    全 Exif 情報表示…


    あっさりソフトな印象で、これまでのデジカメにはない雰囲気かも。
    高画素時代だからこそ、このくらいシンプルな発色が見直される
    べきなのかもしれません。

    ところで、3枚とも微妙に構図やピントが異なるのに、お気づきかと。
    そうなんです。このFSB、「ブラケット」の名前の通り、律儀に3回連続で
    シャッターが切れます。

    RAWデータから生成できるような気もするので、1回のシャッターで
    3種類のJPEGを出力してくれたほうが、動体などの場合、うれしい気も
    します。

    あと、やっぱり自分独自のフィルム設定もできると、楽しいですよね。
    コントラストや彩度だけでなく、色かぶりの傾向なども付けられたり
    すると、FSBがますます楽しくなるような気がします。

    フィルムカメラでは絶対実現できない機能なわけで、アイデアとしては、
    とても良いものだと思います。
    ぜひ、より改良を加えていって、ファームウェアあるいは次期機種で
    機能強化していってほしいなぁと感じました。

    B0013361I8 FUJIFILM デジタルカメラ FinePix (ファインピックス) S100FS ブラック FX-S100FS
    富士フイルム 2008-02-29

    by G-Tools

    関連エントリー:

    Filed under: Mono Fellows
    2008/06/19 11:19 pm | FinePix S100FSでフィルム比べ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.