• 1712月

    みんぽすさんからカシオのコンパクトデジカメ「EX-ZR10」をお借りしました。

    12975-604-192915

    HIGH SPEED EXILIMのニューモデルということで、先日、店頭で触ってきたばかりです。
    HDRやハイスピードムービー、連写など、裏面照射CMOSを積極的に活かす内容になっているので、そこを中心に少しずつレビューしていこうかと思っています。

    今回は到着編ということで、前回の店頭レビューを振り返る感じでチェックしてみます。
    まずは一日持ち歩いてみましたが、やはり電源ボタンが小さいのが気になりました。

    最近のコンデジはどうやら電源ボタンが小さかったり押しづらい傾向があるようです。
    鞄の中などで迂闊に電源が入ってしまうことを避けるためなのでしょうか。
    しかし、設定によっては背面のカメラボタンでも電源が入るわけで、実際、ポケットの中で電源が入ってしまったケースもありました。
    また、カメラボタンのデフォルトは電源オンのみで機能し、オフはできないので、そこも中途半端かも。
    電源OFFが可能な設定にも変更できるので、上面の電源ボタンが小さいなぁと感じる方はこれにしておくのが良いかもしれませんね。

    動作は非常に軽快で、すべてがハイスピードに仕上がっています。
    電源オンからのレンズの繰り出しも速いですし、撮影後のファイル保存もなかなか高速です。
    ただ、HDRやスライドパノラマなど、画像合成が必要な処理に関しては店頭で感じたよりはちょっと処理時間がかかる感じでした。
    デフォルトでは撮影後のプレビューがオフになってるので、店頭ではそう感じたのかも。
    個人的には撮影後プレビューはやっぱりあったほうがうれしいですが、プレビュー表示のために体感の待ち時間が長くなる面もあるのかもしれません。

    また、細かい点ですが、液晶表示の周辺部分がうっすら、すりガラスのような表示になっています。

    これは動画撮影時の範囲を知らせるためなのでしょうが、確かに便利な面もありそうです。
    他の動画対応のデジカメだと録画を開始してみて、思っていたのと画角が違ってビックリというケースが結構ありますからね。
    ただ、この表示をオフにする設定が見当たらないのがちょっと残念かなぁ。

    夜景に関しては裏面照射CMOSということを前提に考えると、意外に手ぶれしやすいかも。
    AUTOでもISO800くらいまでは積極的に感度アップするものの、それ以降は感度が上がりません。
    オートの場合の上限感度の設定もなく、ISO800固定のようですし、ちょっとそこも不便に感じました。

    ただ、標準感度での画質はなかなか良好ですし、最初にも書いたようにCMOSの高速さを別の部分に活かした仕様なのだと思います。
    次回はそのあたりを使ってレビューしてみたいと思っています。

    12975-604-192915

    関連エントリー:

    Filed under: Mono Fellows
    2010/12/17 10:50 pm | CASIO EX-ZR10 レビュー 到着編 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.