• 1011月

    ずっと愛用しているMac用画像ビューア「Xee」がMavericksになってから(Mountain Lionから?)頻繁にハングするようになっていて、そういえば最近はバージョンアップがないなぁと思ってたら、新たにXee3にメジャーアップデートしていたので早速導入してみました。
    なお今回からApp Store経由での配信(有料)となっています。

    アイコンに若干の名残がありますが、アプリとしてはかなり別物になってるような印象です。
    Exif情報の表示も以前は別ウィンドウでしたが、ウィンドウ右端に出る形に代わっています。
    私が気に入っているポイントである、一旦開いた画像からフォルダ内画像へのキーボードでの切替え(キーカスタマイズも可能)はできるので基本的には代替になりますけどね。
    さらにXee3では上下や左右のホイールで画像送りができるようになっていて、切り替わり時にはちゃんとエフェクトも掛かるので、こっちをメインで使うかも。

    もう一つ、たまに使っていた画像の回転などはツールバーがなくなってメニューからの操作になりましたが、ちゃんと編集結果の保存もできます。
    拡大・縮小もメニューやショートカットキーからになりましたから、できればツールバーも復活すると嬉しいのですけどね。

    他にも表示スタイルがRegular、Dark、Blackから選べたり、画像のローディング待ちのエフェクトにSpinnerやTVノイズ(無しにもできる)が選択できるなど、新しいOSの雰囲気に合った感じに成長しています。
    肝心の安定性についても今のところ、画像を表示し続けてもハングすることはなくなったようです。
    以前から優れていたGPUを使った動作や表示の軽快さも健在ですし、今後も定番アプリとして活躍してくれそうです。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2013/11/10 7:00 pm | Xee3 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.