• 115月

    Mac OS X 10.7.4への更新もありましたが、その後、Safariのアップデートも出てきました。
    こちらは5.1.7に更新されていて、修正項目は以下のとおりです。

    ・システムのメモリが不足している場合のブラウザの応答性が向上
    ・ピンチジェスチャによる拡大/縮小操作後に、Web ページが応答しなくなる問題を修正
    ・ユーザ認証フォームのある Web サイトに影響を及ぼす可能性のある問題を修正
    ・セキュリティアップデートされていないFlash Playerを無効・最新ダウンロードするように

    iMacのほうはChromeからSafariに戻してだいぶ経ちますが、やっぱり重いなぁと思うことが結構あります。
    たまにレインボーカーソルが出てしまうこともあって、キャッシュクリアなど、いろいろ試してみましたが、頻度はともかく、根本解決はしないんですよねぇ。
    今回、応答性向上などが図られているようですし、少しでも解決していると良いなぁ。

    また、Flashのセキュリティ問題はほんとに面倒です。
    セキュリティホールも困りますし、アップデートが頻繁すぎるのも煩わしいですし…。
    普段はClickToPluginでほぼ無効にしてありますが、これでずいぶんCPUパワーも(Airの場合)電池の持ちも違う印象です。
    Flashがないと困るシーンはごく限られていますし、早めにHTML5になって、なくなってほしいくらいです。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2012/05/11 9:00 am | Safari 5.1.7 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.