• 183月

    ここ数日、どうもMagic Mouseでマウスカーソルが飛ぶような感じがあって困っていたんですが、ようやく原因が分かりました。

    最初は電池を替えてみたり、マウスパッドを替えたり、はたまたマウスを掃除してみたりと試行錯誤していましたが、結局はBluetoothの電波強度が下がってたんですね。
    設置場所などは変えてないんですが、Magic Mouse側の出力が弱ってきたのかなぁ。

    最初から電波強度は疑ってはいたのですが、OSXでは信号強度を見られないと思っていたんですよね。
    ところが、調べてみるとちゃんとシステム環境設定でBluetoothの受信信号強度を見る方法があったんです。

    やり方は簡単で、システム環境設定でBluetoothの項目を開き、キーボードのOptionキーを押しっぱなしにしておくだけ。
    あとは携帯電話のアンテナ強度みたいにリアルタイムに変化するので、それを見て配置を検討することもできます。
    私の環境だと、-70dB以下になるとマウスカーソルが飛びがちになるようで、Mac miniの高さを少し上げたらだいぶ改善されました。

    ただ、Magic Mouse自体もちょっと電波が弱い傾向があるようですね。
    予備になるMicrosoftのマウスはいくつか持ってますが、使い勝手はやっぱりMagic Mouseが良いので、適宜、上の方法で強度を測りつつ、配置で回避しようと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2013/03/18 9:00 am | Magic Mouseの動きが悪い はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.