• 272月

    ウィルスやマルウェアとは無縁と思われがちなMacですが、昨年発見されたトロイの木馬「Flashback」が意外に広がってきているようで。

    Javaで出来てるということもあってか、亜種が結構出ているというのも厄介ですね。
    まずはJavaを最新にしておくのが賢明ですが、それでも最新の亜種だとAppleから発行されたと見せかけた証明書を表示したりして、インストールに誘導するんだとか。

    うちはというと、今のiMac導入時からウィルス対策ソフトは何らか入れてあります。
    最初はClamXavでしたが、今は「Sophos Anti-Virus for Mac Home Edition」を使っています。
    定義ファイルの更新頻度も高いですし、メモリやCPU消費量が少なめなのが良いですね。
    それでも最初よりはだんだん増えてきてる気がしますけど。

    今は有料のソフトも結構出ていますが、まずは上の2つみたいな無料のものから対策を始めても良いかと。
    また、なるべくこまめにソフトウェアアップデートをチェックするほうが良さそうです。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2012/02/27 8:07 pm | Macのマルウェア対策 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.