• 2810月

    Sierraが原因の可能性も高いと思うのですが、安全策として外付けHDDを見直すことにしました。
    結果、導入したのはアイ・オー・データ機器の「HDC-LA4.0」です。

    th_dsc_0432_lr6

    最初はこれまで通りの2TBを考えていたのですが、3TBも大して価格が違わないことに気づきました。
    ただ3TBはドライブに不安の残るものが多いという評判でしたし、さらに見ていくと4TBもあまり違わないようです。
    しばらく2TBで足踏みしていた気がしたのですが、いつの間にかこんな大容量になっていたんですね。

    th_dsc_0433_lr6

    これまで使ってきた感じでは意外とBUFFALOが長持ちして、Logitecが今ひとつという印象でしたが、今回は評判を見てIODATAにしました。
    中身のドライブはWDやSeagateなどがあるらしいのですが、入手したものはWestern Digital GreenのWD40EZRXでした。
    なお中身を調べるのにはDriveDxの体験版を使いました。

    th_dsc_0441_lr6

    当たり前ですがUSB3.0対応でして、USB2.0につなぐと緑、3.0だと青いランプが点灯するなど、細かいところもなかなか良くできていますし、コンパクトです。
    今回はSierraで不安定っぽいexFATにはせず、Mac OS拡張フォーマットにしました。
    ちなみに製品としての初期フォーマットはNTFSになっています。

    パーティションもどうするか、ちょっと悩みましたが、これまでTimeMachineに使っていたドライブがUSB2.0だったので、それを今回のドライブの2TBに割り当て、残りを画像ファイル用とすることに。
    USB2.0の2TBは音楽ファイルや文書ファイルなどに引き続き使う予定です。

    Logitecのほうも少し様子見してみて、SierraでexFATの不具合対応がされたら復活させてみても良いかなと。
    復活させるにしてもiMacのほうではなく、Mac miniにつなごうと思っていますけどね。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2016/10/28 12:00 pm | I-O DATA HDC-LA4.0 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.